石鹸水と振動がキモ! 自分でもやってみたくなる水滴が水の上をぷるぷる移動している実験動画

写真拡大

水の上に水滴を落とせば、水滴はそのまま水に吸い込まれて、同化する。コレ、誰もが知っている事実ですよね。

しかし今回、動画サイトyoutubeで発見した映像には、そんな常識を覆す驚きの瞬間が映し出されています。

なんと水滴が、水の上を「ぷるぷるぷる」と移動しているではありませんか! あまりのことに、「コレ本当は、水も水滴も本物じゃなくて、ゼリーかなんかでできてるんじゃないの?」なんて、疑っちゃうっ!

実はこちらは、メキシコ国立自治大学の物理学者Pablo Cabrera-Garcia氏とRoberto Zenit氏が行った実験動画。水を普通の水ではなく「石鹸水」にし、なおかつ水面に振動を与え続けることで、水滴が水の表面に留まることができているのだとか。

水は本来、自らの表面積を小さくしようとする力『表面張力』を持っており、だから水滴は丸くなるのだそう。ここに石けんや洗剤を溶かすと『表面張力』が弱くなるので、水が丸くならずに表面積が大きい膜になりやすくなります。さらに振動がプラスされることによって、水滴がほぼ永続的にバウンドを繰り返すため、水滴を水面上に保つことができると考えられるようです。

「ぷるぷるぷる」と次第に増えていく、大きくてまんまるな水滴。コレ、実際に自分でも実験してみたくなっちゃいますよね。実験を行ったおふたり曰く、「スピーカーの振動を利用するといいよ」とのことなので、ご自宅にいる方は早速挑戦してみてはいかが?

(文=田端あんじ)

参考元:youtube.com( http://goo.gl/vo5J1)


この記事の動画を見る