今年もあと9週間で終わり。ところで年賀状ってどうする?

写真拡大

本日、11月1日から年賀状の発売がスタートした。

年初のあいさつをメールで済ませる人も増えているようだが、マイナビニュースで2012年10月に採ったアンケート調査(※)によると、約5割もの人が「年賀状をパソコンで作成」、2割の人が「年賀状を出さない」と回答している。

年賀状を出さない気持ちも分からなくは無い。

年賀状を作成する時期は忙しく、街のプリントショップに注文する場合もつい先延ばしにしたり、自分で作成する場合でも、イラスト素材や、はがきを買う手間を惜しんだりして、気づけば大晦日!ということもありがちだ。

そんな中最近では、オンラインで隙間時間に年賀状を作成できるサービスも充実しているようだ。

しかも、テンプレートが豊富で、料金も安価。

いったいどんなサービスがあるのか調べてみた。

まずは、「ポスコミ」というサービスから。

オンライン上での年賀状の作成、印刷はもちろん、投函まで行ってくれる。

また、エクセルや筆王などのソフトから、住所の一括取り込みが可能。

パソコンはもちろん、スマートフォンからも利用できる。

印刷料金は、84円から(両面)。

続いて、リプレックスと日本郵便が連携して提供する「ウェブポ」。

こちらも、オンライン上での年賀状作成、印刷、投函まで行ってくれる。

相手の住所がわからなくても、メールアドレスや、Gmail、Skype、TwitterのIDだけで年賀状を送ることができるのも特徴だ。

テンプレートは900種類以上。

料金はスポンサー付きカテゴリーのデザインの場合、印刷料は無料ではがき代込み48円、そのほかのデザインの場合、印刷料金は78円からで、別途はがき代50円が必要。

mixiは、今年も11月下旬より、「ミクシィ年賀状」のサービスを実施する。

検索や共有などの機能が常駐している、Windows 8の新機能「チャーム」を活用するのが特徴だ。

これにより、フォトライブラリー内の写真や、端末で撮影した写真を、デザインとして利用することができる。

現在は、体験版アプリを提供中で、「ミクシィ年賀状」の注文が可能になるアップデートは、12月を予定している。

さまざまなサービスが展開されているが、オンラインを活用すると、コストはどのくらい下がるのだろうか。

Yahoo! JAPANが博報堂アイ・スタジオと共同でサービス展開をしている「Yahoo! JAPAN年賀状」を元に計算してみた。

今回は、今年挙式をした人を想定して、300枚で見積もりしている。

街のプリントサービスを利用した場合、基本料金は1,470円だった。

さらに、絵柄面の印刷費が1枚あたり49円、宛名印刷は1枚あたり80円。

それにはがき代(1枚50円)をプラスすると、合計金額は、55,170円だ。

パソコンで自作し、自宅のプリンターで印刷すると、カートリッジ費は片面だけで1枚あたり約20円。

これにはがき代を加算すると、合計金額は39,390円。

実際には、試し刷りや電気代などのコストが発生するので、40,000円強になるだろう。

「Yahoo! JAPAN年賀状」を利用すると、絵柄面の印刷費は大口割引が適用されて、1枚あたり55円。

宛名印刷の費用はかからない。

これにはがき代をプラスしても、合計金額は31,500円だった。

ほかのサービスと比べて1万円近くコストダウンできる。

また、大口割引は、10枚以上から適用可能。

10〜29枚の購入で10%割引、30〜49枚の購入で20%割引、50枚以上の購入で30%割引となる。

基本料金はかからないし、さまざまな手間が省けるので、枚数が少なくてもお得だ。

次に、オンライン上での年賀状の作成方法を調べてみた。

最初にWEB上で配達先とデザインを選択。

選んだテンプレートは、配置を変えたり、ペンやスタンプで編集できたりする。