ファミリーマート店舗で「Amazon.co.jp」商品の受取・代金支払サービス開始

写真拡大

ファミリーマートおよびファミマ・ドット・コムは10月31日、Amazon.co.jpで購入した商品をファミリーマート店舗にて受取・代金支払いができる「Amazon店頭受取サービス」を開始した。

ファミリーマートは現在、同グループのインターネットショッピングサイト「ファミマ.com」をはじめとする約145サイトで購入した商品について、店頭受取・代金支払いサービスを展開している。

今回、Amazon.co.jpでの買い物にも対応することで、店頭受取サービスの一層の充実を図るという。

「Amazon店頭受取サービス」の利用方法は、まずAmazon.co.jpで希望の商品を注文する際に、受け取り方法で「ファミリーマート店舗」を選択し、希望の店舗を指定する。

その後、Amazon.co.jpから「お問い合わせ番号」と「認証番号」が確認メールにて送付されるので、ファミリーマート店舗に設置のマルチメディア端末「Famiポート」の「店舗受取サービス」にて、送られた「お問い合わせ番号」と「認証番号」を入力して、「Famiポート申込券」を出力する。

出力した「Famiポート申込券」をレジに提示し、商品を受け取るという仕組みだ。

対応店舗は全国のファミリーマート約9,100店で、対応時間は24時間。

受取期間は商品が店舗に到着後10日間となる。

なお、ファミリーマートでの受取り・支払いに手数料が必要となる場合がある。

このほか、ファミリーマート店舗では「Amazonギフト券」5,000円分および1万円分の販売も実施。

両社は、今後も共同で新たなサービスの拡充を行い、利用者のさらなる利便性の向上を図っていくとしている。