向後の7日株!:市場変更に向けたファイナンス明けを狙う!好業績ソーシャルゲーム株 (366X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

エイチーム (3662)が今日の注目銘柄!

10月16日に公募・売出しを発表し、需給悪化と希薄化という悪材料を織り込み済みとした同社に注目します。10月31日に決まった公募・売出し価格は1株3340円です。今後、ファイナンス明けで株価の値動きが軽くなることを想定しています。

今回の公募増資は、新株17万株を発行し、110万株の売出し等により、東京証券取引所本則市場(一部、二部)への上場市場の変更の形式要件を充足することを会社側は意図しています。

また、調達された資金は、新規アプリケーションの企画及び開発に係る人件費及び外注加工費や、エンターテインメント事業に係る開発者を中心とする人材の採用関連費、ライフサポート事業におけるウエディングデスクの新規出店のための設備投資資金等に使用されるとのことです。

13年7月期においては、「エンターテインメント事業」では、スマートフォン向け同社オリジナルタイトルの「ダークサマナー」、グリーとの協業による「AKB48ステージファイター」、協業案件第2弾(12年6月リリース)の3タイトルが通期で売上に寄与します。北米をメインターゲットの1つと想定して企画・開発した「ダークサマナー」は海外での会員獲得に力を入れていきそうです。第3四半期以降にはスマートフォン向けの新規タイトルを複数リリースすることを計画しており、「ダークサマナー」に続くヒットを狙うということです。

ちなみに、13年7月期通期連結業績は、売上高は98.24億円(前期比、54.0%増)、営業利益は18.02億円(同、68.3%増)、経常利益は18.02億円(同、72.0%増)、当期純利益は10.50億円(同、77.8%増)と、大幅増収・増益見込みです。この良好な業績モメンタムは魅力です。

日足チャートをみると、25日移動平均線(31日現在、3107円)がサポートとして機能しています。なお今回のエクイティファイナンスは10月17日の2617円までの株価下落で、値幅面では、すでに織り込み済みとみています。さらに、本日の値決めまで、時間調整も済ませました。まずは、10月11日につけた高値4095円を目指す展開を想定します。そして、この4095円を上抜けると青天井となり、スケールの大きな相場に発展することも期待されます。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。