東京OL、沖縄に移住しました (9) 沖縄で働きながらスキルアップをするには

写真拡大

12月20日に移住して新生活の準備をした後、年末年始は再び実家に戻った。

幼い頃から、お正月や誕生日といった家族行事は、原則全員参加が我が家の風習だからだ。

そして三が日を終えて、再び沖縄の自宅へ。

移住後初の年末年始は、あわただしいものとなった。

1月4日は沖縄での初出勤日。

自宅から会社までは車で約30分程度だが、車の混み具合が心配だったので、初日は早朝に自宅を出た。

しかし、約束の1時間以上前に着いてしまい、会社の周辺地域をうろうろとして時間をつぶした。

緊張していたせいか、車窓から見える青空がやけに透き通って見えた。

この職場での私のミッションは、人材育成と労務管理の確立。

実際に仕事がスタートしてまず手がけたのは、従業員たちと交流し、会社の実態をできるだけ正確につかむことだ。

会社が掲げる経営理念やビジョン実現のために、いま何が必要なのか、これから何が必要なのかを模索した。

そしてそれを、人材育成の基本理念や方針、3カ年計画に落とし込んでいった。

正直なところ、沖縄には人事に関する情報は乏しく、自分の知識やスキルをアップしていくのが難しい。

「それならば東京へ行くしかない」と思い、度々出張を願い出た。

東京へ行く度に力になってもらったのは、前々職や前職でお世話になった方々だ。

皆、人事のプロフェッショナルばかり。

人の縁というものが、いかに大切なものであるかを実感している。

現在、沖縄に移住して約2年がたつが、私の仕事は社外に広がりつつある。

沖縄県内に住む学生向けの研修、さらには市役所の方から声をかけてもらった経営革新セミナーでの研修など。

つい先日は、沖縄で開かれた国際イベントで、初の外国人向け研修にも挑戦した。

いつ誰にどんな機会がまわってくるのか、本当にわからないものである。

でも、いつでもそれに応えられる技量を身に付けていたい。