旦那とケンカした次の日、PCの壁紙が私の笑顔の写真になってました










こんな質問が編集部に寄せられていました。



■旦那とケンカした次の日、PCの壁紙が私の笑顔の写真になってました

33歳女性です。結婚して5年になる旦那がいるのですが、この間久しぶりにケンカをしてしまいました。





ケンカをした次の日、自宅で仕事をしようとPCを立ち上げたらデスクトップの壁紙が、「旦那が作ったおにぎりを、私がうれしそうに笑顔で食べている写真」になっていました。



一瞬PCが壊れたのかと思いましたが、すぐに旦那のイタズラだと気づきました。ついでにケンカの原因があまりにくだらないということにも気づいて、無事に仲直りしました。



旦那のこういう機転がきくところは見習いたいなぁと思い、次ケンカしたときは上手に仲直りできるよう、私から何か仕掛けたいと思います。しかし、素直ではない性格なので思いつきません。



参考までにうかがいたいのですが、皆さんはパートナーとケンカしたらどうやって仲直りしていますか?







⇒原文はから。







なんだかほのぼのするエピソードですね。とてもすてきなご主人だと思います。ご夫婦の仲も、基本的にはとても良いのではないでしょうか? 旦那さんの握ったおにぎりをほおばって笑顔を見せる奥さんもかわいいですよね。





さて、マイナビニュースの読者たちは、どんな方法で仲直りをしているのでしょうか? 回答を見てみましょう。



■素直に謝ります(タロウさん)





シンプルな回答です。そう、素直に謝るのが最良の選択であると思います。ただ、今回の相談者は「素直じゃない性格」と申告されていますので、実行に移すのはハードルが高いのかもしれません。



もう少し踏み込んで、謝る際の心構えや態度などをアドバイスする回答もあります。





■謝って、話し合ったり雑談します(hataneさん)



■できるだけ早く謝ります。腹をくくって言うようにしています(Kさん)





「自分に非があると悟ったら、すぐに謝る」ことを心掛けるのはいいかもしれません。時間がたてばたつほど謝りにくくなる、というのは誰しも経験があるのではないでしょうか。



ほかに、モノや子どもをクッションにして気持ちを伝える、という声もありました。



■私は妻の好きなデザートを買ってきます(kazさん)



■うちは子どもを使って謝ります。子どもの笑顔を見ていたらケンカしていることがバカらしくなるので。あとは「こうしたら仲直り」という合図を決めてみてはどうでしょうか。「ごめん」の絵文字だけのメールを送るとか、手を広げたら飛び込んで抱きしめあうとか、歌をワンフレーズ歌ったら続きを歌うとか(cloverさん)



「モノで釣る」というといささか聞こえは良くないですが、好きな食べ物を目の前にすれば、誰でも顔をほころばせるもの。





また、これも古い物言いではありますが、「子はかすがい」というのも真理かもしれません。お子さんのいるご家庭ならば、試してみる価値があるでしょう。



そして、あらかじめ「こうしたら仲直り」という合図を決めておくというのはとてもいいアイデアですね。ただし怒りのあまり、相手の出したサインを見逃さないように注意しましょう(笑)。



しかし、こんなユーモアのある旦那さんなら、たとえ一時の感情で相談者さんとケンカになったとしても、次回もうまく仲直りへとリードしてくれる気もします。



旦那さんは案外、今度はどんなアイデアで仲直りのメッセージを伝えようか、なんて楽しんでいるのかもしれませんよ。





■この質問にアドバイスをするにはこちらから





(文/エボル)