「収容所の風景(木彫)」作者不詳

写真拡大

「尊厳の芸術展-The Art of GAMAN-」が、東京藝術大学大学美術館で2012年11月3日から12月9日まで開催される。日系人の「不屈の精神」を表す美術工芸品と「ものづくりの原点」とも言うべき創造性を紹介する展覧会だ。

日系人強制収容から70年

太平洋戦争中、アメリカ西部で日系人が強制収容されてから2012年で70年。当時、強制収容されていた人たちは収容所での生活の中で、わずかに手に入る小木などを材料にさまざまな「美術工芸品」や日用品を制作し、不安や苦悩を乗り越え未来へと希望をつないだ。絶望的な生活の中で人生を前向きに生きる日系人のこうした「不屈の精神」を表した「The Art of GAMAN」は2010年に米スミソニアンアメリカ美術館で開催され、大きな反響を呼んだ。

日本国内でも、NHKのテレビ番組で同展や遺族らの証言を放映したところ、大きな反響を呼んだ。放映後、日本での開催を求める声が数多く寄せられ、今回の展覧会が開催されることとなった。

入場は無料で、開館時間は10時〜17時(入館時間は16時30分まで・休館日は月曜日、ただし祝日の場合は翌日)。詳細は、ハローダイヤル03‐5777‐8600まで。