一度は試してみたいヘアスタイルとは?




雑誌のヘアスタイル特集を見ては、「一度はこんな髪型をしてみたい!」と思いつつも、校則や規則、周囲の視線、羞恥(しゅうち)心などの理由であきらめざるを得ないことはありませんか。マイナビニュース会員の皆さんに、アンケートで聞きました。





調査期間:2012/9/20〜2012/9/23

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■金髪の自分を見てみたい





まずは女性編。



Q.一度は試してみたいけれど、実践したことがないヘアスタイルは何ですか。





1位 金髪カラー……129票(23.0%)



2位 盛りヘア……125票(22.3%)



3位 ショートヘア……82票(14.6%)



4位 縦ロール……76票(13.6%)



5位 特になし……74票(13.2%)





という結果になりました。では、どうして断念したのでしょうか。理由を探ります。





1位の「金髪カラー」と答えた人のうち25人(19.4%)が、「髪が傷みそうで怖い」(31歳/女性)と、ヘアダメージを心配してあきらめたと言います。





ほかには、



「とにかく目立ってみたかった。校則でNGだから断念」(26歳/女性)



「学生時代に挑戦したかったけど、そこまでの度胸はなかった」(31歳/女性)



「外国人になったつもりになりたくて試したかったが、自分の顔が日本人すぎた」(25歳/女性)

など、機会と勇気がなかったという理由が続きます。





また、



「金髪の自分を見てみたい」(28歳/女性)という単純明快な回答には思わずうなずきました。





続いて2位の「盛りヘア」は、



「メイクと髪型を変えると、違った自分になれそう。でも、今の仕事向きではない」(24歳/女性)



「イメチェンしてみたかったけど、勇気がなかった」(24歳/女性)



と変身願望を挙げる人から、



「かわいいけれど、どうやって盛るのか分からない」(28歳/女性)



「やってみたが、自分でできなかった」(45歳/女性)



など、スタイリングの方法が分からない、と言う人も。





次いで3位の「ショートヘア」では、



「顔が大きいので、髪で隠せないショートはできない」(23歳/女性)



「毛量が多いので、ショートにするとヘルメットをかぶっているみたいになるから」(34歳/女性)



「髪のボリュームが少ないので、見た目がぱっとしないと思って」(22歳/女性)



と顔の形や髪質の問題を挙げる人は多くいます。





4位の「縦ロール」は、



「お嬢さま気分を味わってみたい!」(23歳/女性)



「漫画によく出てくるので昔の少女漫画を見て憧れていたが、自分には似合わないと分かった」(37歳/女性)



など、現実には難しいもよう。





少数意見では、



「前髪パッツン。顔が大きく見えてしまうので」(31歳/女性)



「スキンヘッド。長いと洗うのも乾かすのもケアするのも大変なので、たまに『いっそつるつるにしてしまいたい……』と思う」(32歳/女性)



「リーゼントやアフロヘア。面白そうだったので」(32歳/女性)



という、怖いもの見たさ(?)なるコメントも届いています。





■男として坊主を試したいが勇気がない





次に、男性の回答編です。



1位 特になし……137票(31.1%)



2位 坊主(スキンヘッド)……79票(17.9%)



3位 金髪カラー……76票(17.3%)



4位 アフロヘア……56票(12.7%)



5位 ロングヘア……46票(10.4%)





「今の髪型でいい」(27歳/男性)や「自分のヘアスタイルに興味がない」(28歳/男性)という声が約3分の1を占めました。





2位の「坊主(スキンヘッド)」は、



「男として試してみたかったが勇気がなかった」(24歳/男性)



「坊主が似合う人は男らしいと思ったけれど、わざわざ坊主にする理由がなかったから」(29歳/男性)



と「男らしさ」という気持ちを挙げる人や、



「どうせはげたらそる予定だから、遅かれ早かれスキンヘッドになる。それならば今わざわざスキンヘッドにする必要もない」(27歳/男性)



「夏場は涼しくてよいと思ったが、頭の形が悪いため似合わないと思い、やったことはない」(52歳/男性)



と、思い返したようなつぶやきコメントもありました。





3位の「金髪カラー」では、



「奇抜な髪型にしてみたい」(32歳/男性)



「家族(特に祖母)がヘアカラーにすごくうるさかった」(32歳/男性)



「仕事にさしさわるので」(35歳/男性)



と、女性と同様の理由が目立ちます。





次いで4位の「アフロヘア」、5位の「ロングヘア」はともに、



「周りの目を気にしてできなかった」(22歳/男性)



「それほどの髪の量がない」(53歳/男性)



「髪質とコストなどの要因で断念した」(48歳/男性)



と、試したいながらもちゅうちょする気持ちが綴(つづ)られています。





なかには、



「かつら。でも、お金がかけられない」(44歳/男性)



「坊主なのでそる以外に選択がありません」(48歳/男性)



という率直な声も。





男女ともにランクインしたのが「金髪」でした。ためらう理由からは、コンプレックスが浮き彫りになったり、ひそかな変身願望も見え隠れします。皆さんはどんなスタイルが好みですか?





(岩田なつき/ユンブル)