東京都内10駅で展開! カズら、ナビスコカップの歴代名シーンポスター

写真拡大

日本プロサッカーリーグ(以下Jリーグ)は、「2012Jリーグヤマザキナビスコカップ」歴代の決勝の写真を使用した拡張現実機能付き(AR)広告を作成。

掲示は10月29日より始まり、東京都内の計10駅で見ることができる。

ポスターは11月3日に国立競技場で開催される、第20回「2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝」に合わせて掲出している。

写真は第1回(1992年)の決勝で決勝点を決めた三浦知良選手をはじめ、これまでの決勝の歓喜の瞬間や名シーンなど、計19パターン。

同ポスターは、拡張現実機能付き(AR=オーグメンテッド・リアリティ)広告。

スマートフォンアプリ「junaio(ジュナイオ)」をダウンロードし、アプリを起動してポスターにかざすと、選手が当時の姿のまま駅に立っているかのように出現するという。

また、シークレットキャラクターも隠されており、アプリを起動してスマートフォンのカメラをかざす度に、ランダムに出現する。

掲出期間は10月29日から、決勝翌日の11月4日まで。

掲出場所は、東京メトロ「新宿」駅メトロプロムナード、東急田園都市線「渋谷」駅、JR「東京」・「渋谷」・「池袋」・「新宿」・「品川」・「秋葉原」・「新橋」・「高田馬場」の各駅構内。