「徒然草」「奥の細道」が人気。好きな古典1位は壮大なあのラブロマン!

写真拡大

NHK出版は10月24日・25日にかけて、全国の20代〜60 代の男女を対象に「好きな古典」と「読みたい古典」の調査を実施した。

有効回答数は215。

同調査は11月1日の「古典の日」に合わせて実施したもの。

古典の日は、国民の間に広く古典についての関心と理解を深めるようにするために、2012年9月5日に設けられた。

まず「あなたの好きな古典は何ですか?」と尋ねたところ、1位は「源氏物語」、2位は「徒然草」、3位は「奥の細道」だった。

男女別に見ると、女性は日本の現存する最古の和歌集「万葉集」や日本最古の物語「竹取物語」、男性は日本最古の歴史書「古事記」や「太平記」が人気のようだ。

「読みたい古典は何ですか?」という質問でも、源氏物語は1位。

2位の「日本書紀」に大きく差を付け、圧倒的な人気をみせた。

上記の「好きな古典」で上位に入った「徒然草」は3位、「奥の細道」は4位。

女性が読みたい古典の2位には「万葉集」「徒然草」を抑え、「雨月物語」がランクインした。