3ドアと5ドアのボディーバリエーション

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポン(東京・渋谷区)は2012年11月1日、新型コンパクトカー「プジョー208」を発売する。車両本体価格は、199万〜258万円。

車内に広いスペースを確保

短くなったフロントやリアのオーバーハングなどにより、前モデルである「207」と比較して、フロントで75ミリ、リアで10ミリ、ボディーサイズが短縮した。

「207」と同じホイールベースでありながら、よりコンパクトなパッケージングを施し、デザイン全体を見直すことで後席のニ―ルームは50ミリ拡大され、トランク容量も大きく拡大し、リアシェルフの下には285リットル(VDA方式)という広いスペースを確保している。同じエンジンを搭載したモデルで比較した場合、「207」に比べ100キロもの軽量化も実現した。

3ドアと5ドアの2つのボディーバリエーションがあり、3ドアには新開発の1.2リッターエンジンを搭載した「アリュール」(5速マニュアル)と、156psを誇る1.6リッター・ターボエンジンを搭載した「GT」(6速マニュアル)、また4速オートマチックの5ドアには1.6リッターエンジンを搭載し、装備によって「プレミアム」と「シエロ」がラインアップされている。