「Sing! up! Music(シング! アップ! ミュージック!)」会場の様子

写真拡大

ハイテンションなカラオケを披露すれば車がもらえるかも!?――フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「シティエマージェンシーブレーキ」をこのクラスとして初めて全車標準採用しているスモールカー「up!」の車内で、カラオケのパフォーマンスを競う「キブン up! KARAOKE バトル(http://vw-up.jp/karaoke/)」を順次開催している。

最優秀者にはフォルクスワーゲンの新型スモールカー「up!」を贈呈

「キブン up! KARAOKE バトル」は、全国5か所で実施する展示イベント「Sing! up! Music(シング! アップ! ミュージック!)」の中で行われている企画。参加者は「up!」の車内でカラオケのパフォーマンスを行い、その様子を撮影した動画が特設サイトに掲載される。ミュージシャンの久保田利伸さんが審査し、最も優れた参加者にはフォルクスワーゲンの「up!(キャンディホワイト)」が贈られる。また、会場で高得点を記録した参加者は「up!」のオリジナルグッズなどがもらえる。

審査基準は歌唱力だけではなく、「どれだけキブン(気分)up!」したパフォーマンスができるかどうかだ。小道具の使用やコスプレ、チームでの参戦も認められている。

2012年10月27〜28日に開催された大阪会場では2日間合計で約70組200人が参加。カラオケボックスにあるものと同じJOYSOUNDを搭載した「up!」の前には順番待ちの列が絶えず、高スコアが出ると周囲から拍手が起こるなどイベントブース全体が盛り上がっていた。参加者からは、「クルマの中でカラオケなんて、テンションが上がりました」「友達どうしで楽しい思い出ができました」などの感想が聞かれた。

今後は福岡市(ソラリアプラザ 11月10〜11日)、三重県桑名市(ジャズドリーム長島 11月17〜18日)、札幌市(札幌ファクトリー 11月23〜24日)、横浜市(クイーンズスクエア12月1〜2日)で開催する予定。