30〜40代女性の読書時間は「週1時間未満」がほぼ半数 - ニッセン調査

写真拡大

通販カタログのニッセンは29日、「30・40代女性の読書スタイルに関する意識調査」の結果を発表した。

同調査は、同社が運営するプレゼント・懸賞サイト「nissen もらえるネット」にて30代・40代女性2,000名を対象に行われたインターネットアンケート。

まず「普段の平均読書時間」を聞いたところ、もっとも多かったのは「週に1時間未満」の33.0%。

以下「週に1〜2時間」(18.2%)、「週に2〜4時間」(15.1%)だった。

「まったく読まない」人も14.0%に上り、全体の半数近い47%の女性は、週1時間未満しか本を読んでいないことがわかった。

続いて「どのジャンルの本や雑誌をよく読むか」との問いでは「実用・趣味」が19.5%で1位。

以下「小説・エッセイ」(18.7%)、「暮らし・健康・子育て」(16.8%)だった。

「漫画」は12.9%、「ファッション」は12.8%でそれぞれ4位、5位だった。

「1カ月にかける本や雑誌の購入費」を聞いたところ「0円」が2割以上、「1,000円未満」が3割以上となり、本や雑誌を毎月平均1,000円以上買う女性より多かった。

いま話題になっている「電子書籍」についての問いでは、購入経験がある女性は10.9%だった。

そこで、購入経験のない女性に「今後、電子書籍を利用したいと思うか」と聞いたところ、「どちらともいえない」が53.4%、「利用したくない」が20.6%、「電子書籍自体がよくわからない」が10.7%だった。

「利用したい」と答えた女性は15.3%と少数派だった。

詳細な調査報告は「nissen もらえるネット」で閲覧できる。