三宅一生と青柳正規「国立デザイン美術館をつくろう」一般参加シンポジウム開催

写真拡大

 デザイナー三宅一生と美術史家で国立西洋美術館長の青柳正規が、日本のデザインの重要性を広く伝えることを目的に「国立デザイン美術館をつくる会」を設立した。最初の活動として、第1回パブリック・シンポジウム「国立デザイン美術館をつくろう!」を東京ミッドタウンホールで11月27日に開催。登壇者には設立者の両名をはじめ、「minä perhonen(ミナ・ ペルホネン)」のデザイナー皆川明やグラフィックデザイナーの佐藤卓、プロダクトデザイナーの深澤直人など多彩な顔ぶれが揃う。事前申込制で参加費は無料。

三宅一生「国立デザイン美術館をつくる会」設立の画像を拡大

 「国立デザイン美術館をつくる会」の立ち上げあたり、三宅一生は「男女、子供、国籍の別なく参加できる開かれた場所」「ジャンルを越えた活発なコミュニケーションが行き交う場所」と館のイメージを提示。ヨーロッパのモダンデザインの源にもなった「歴史」と、建築からプロダクト、グラフィック、ファッションまで世界を魅了する様々なデザインの「今」がある日本のデザインを集大成し、「未来」に向けて国内外にその魅力と意義を発信する。

 11月27日に開かれる「国立デザイン美術館をつくろう!」では、「デザインとは何なのか」「こんなデザイン美術館をつくりたい」というテーマで登壇社と来場者が真筆に語り合う場を提供。三宅一生と青柳正規の他、皆川明や佐藤卓、デザインエンジニアの田川欣哉、アーティストの鈴木康広、アーティストの関口光太郎、建築家の工藤和美などが登壇を予定している。シンポジウムには公式サイトから応募可能で、定員は650名。Ustreamでの生中継も予定されている。

■第1回 パブリック・シンポジウム
 会期:2012年11月27日(火)
 時間:18:30〜21:00(開場17:30)※Ustream中継あり
 定員:650名(参加費無料 事前申込制 先着順 自由席)
 場所:東 京ミッドタウンホール Hall A
 住所:東京都港区赤坂9‐71地下1階
 URL:http://www.designmuseum.jp/

■パブリック・シンボジウムに関する問合せ
 TEL:03‐ 34811141(NHKエ デユケーショナル特集文化部)