ハリケーン「サンディ」を宇宙から分析

写真拡大

「ハリケーン「サンディ」を宇宙から分析」の写真・リンク付きの記事はこちら

発達したハリケーン「サンディ」の風は、一時的に直径1,000マイル(約1,600km)の範囲にまで及んだ。

冒頭の地球の画像は、米国海洋大気庁(NOAA)の人工衛星「GOES-13」が、米国東部夏時間の10月28日午前9時2分に撮影したものだ。米国東海岸のすぐ沖に中心のある巨大な白い渦巻きがサンディだ。西の端が寒冷前線とひとつになっている。

以下の動画は10月29日朝、大西洋の上空420kmを周回していた国際宇宙ステーション(ISS)がサンディを撮影したものだ。ISSが上空を通過した際、サンディの最大風速は秒速約40m(時速145km)だった。




赤外線で見た熱分布



10月27日午後2時23分におけるサンディの赤外画像。NASAの人工衛星「Aqua」が搭載する大気赤外サウンダ(Atmospheric Infrared Sounder:AIRS)という装置がとらえたものだ。

強力な雷雨が生じている部分(紫色)と、勢力範囲(青色)がわかる。勢力範囲は両カロライナ州からオハイオ川流域、カナダ東部へと広がっている。サンディの中心部は明確で、沖合にある円形の部分だ。

紫色の部分が示す雷雨の雲は、対流圏に及ぶ高さにまで届いている。対流圏における雲頂の温度は、摂氏約マイナス52度まで下がっている。





ジョンズ・ホプキンズ大学の研究者であるセス・グイケーマは、天気予報データに基づくコンピューターモデルと過去のハリケーンのデータを組み合わせて、東海岸における深刻な停電を予測した

29日午後2時の段階で、ペンシルヴァニア州で480万人、ニュージャージー州で350万人、メリーランド州で230万人、デラウェア州で53万人(全人口の半分以上)、ワシントンDCの26万人、ニューヨーク市の100万から300万人、合計1,200万から1,500万人が電力を失うと予測されていた。ニューヨーク市の予測は難しいので、この数はもっと増える可能性もあると同氏は述べた。

30日朝の時点で、少なくとも730万世帯が停電しているが、この数は小規模電力会社の情報を含まないため、被害はもっと大きいと見られている。また、被害の大きい地域では停電が1週間以上に及ぶ恐れがあるとされている。昨年のハリケーン「アイリーン」では、約840万世帯で停電が生じた。





この地図からは、10月29日午後4時に米国の上を吹いていた風のパターンがわかる。実は、この画像はアーティストにしてテクノロジストであるフェルナンダ・ヴィエガスとマーティン・ワッテンバーグが作った、素晴らしい動的な風マップ(日本語版記事)から画面をキャプチャしたものだ。

両氏の風マップは米国の国内デジタル予報データベース(NDFD)の情報に基づいている。



TEXT BY BETSY MASON
TRANSLATION BY ガリレオ -緒方 亮/合原弘子



【関連記事】
グーグルが「Siri」に対抗:iOSに強力な音声検索
高級ハイブリッド16台が浸水で爆発:米国
停電時にスマートフォンの電力を保たせる方法
電気自動車のモーターは車輪の中に
「オープンオーガニゼイション」の時代:ものづくりの革新は会社組織の革新から