『世界一やさしいWindows 8 誰でもできるXPからのらくらく引越しガイド』(中谷仁著、新人物往来社)

写真拡大

Windows(ウィンドウズ)8発売をめぐり、「インストールするだけでモニタがタッチパネルになると勘違いする人が続出」という思わぬ騒動が起きたのは、モノウォッチの2012年10月26日配信記事で報じた通りだ。この騒動に「情強(情報強者)」の読者からは大きな笑いが起こったが、言い換えればそれだけ広い層から、ウィンドウズ8が注目を集めている証とも言える。

パソコンには詳しくないけど、最新のウィンドウズ8を使いたい――そんなニーズを意識して刊行されたのが、『世界一やさしいWindows 8 誰でもできるXPからのらくらく引越しガイド』(中谷仁著、新人物往来社)だ。

初期設定からアドレス帳移行まで懇切丁寧に

書名にあるとおり、想定する読者はこれまで「ウィンドウズXP」のパソコンを利用してきたユーザーだ。XPの後継OS・Vista(ビスタ)発売が2007年だということを考えれば、少なくとも5年以上PCを買い換えたことがない人、ということになる。

そういったユーザーを対象にしている以上、解説は初期設定に始まり、各種データやアドレス帳の移行など、非常に懇切丁寧だ。Evernote(エバーノート)など、最近の人気アプリの使い方も掲載する。

また帯にも紹介されている同著の売りの1つが、ウィンドウズ8の大きな変更点の1つ「スタートボタンがない」問題解決法だ。長年使い慣れたボタンだけに自称「情強」でも悩む人が少なくないだろうが、同著ではフリーソフトを使ってスタートボタンを「復活」させる方法を紹介している。

2012年10月26日刊行された。価格は1029円。