表を拡大

写真拡大

■TOPIC-5 40代、「成果」か「再スタート」か

最後に扱うのは40代論です。大塚寿さんと川北義則さんのような仕事に軸足を置いた著作では、40代は「収穫期」(大塚40、22p)、「人生の充実期」(川北40、1p)として、これまでのキャリアが集大成される時期だと語られています。地位としても中間管理職になっていることが想定され、社内の上と下、あるいは顧客へのコミュニケーション能力がより重要視されています。具体的には、伝える力、人を動かす力、質問力、上司としての振る舞い、女性社員とのうまい付き合い方などが論じられています。

またこうした著作では、40代は充実期でもあるが、これでよいのだと安心することなく、さらに研鑚を積もうとされます。

「40代は、順調にきた人と、そうでない人との差が広がりはじめる時期に当たる。(中略)この時点で安心するのもあきらめるのも早すぎる。兎であれ、亀であれ、あらゆる点でまだ伸び代(しろ)は残っている。1ランクも、2ランクも上を目指せる」(川北40、15p)

「40代が大きな『分かれ道』を迎えたとき、ほとんどの人は『守り』に入ってしまいます。それまで果敢に挑戦してきた人も、なぜか40代という成熟年齢になったとたん、『つまらない人』になっているのです」(大塚40、18-9p)

「20代、30代までは成果を積み上げることを目的とした直線型の生き方だといえますが、40代はその成果をどう活かすかという、それまでとはまったく違う発想が求められてくるのです」(大塚40、21p)

まだまだ守りに入ってはいけない、一定の地位を得て自分の裁量が増した今こそ、より上を目指し、より大きな成果を上げていくために気持ちを切り替えねばならない、というわけです。「40代というのは、ビジネスパーソンの存在価値を考える最後のチャンスなのです」(大塚40、99p)という言及もあるように、40代は、30代とはまた別の「ラストチャンス」だというのです。

というより、「年代本」はつねに「今がラストチャンスだ」と述べています。バーゲンセールの売り口上のように、それぞれの「季節の商品」について、今しかない、今買わないともう買えませんよと言うわけです。時折、「40代は敗者復活のチャンス」(大塚40、26-7p)というように、抜け道が用意されている場合もあります。しかしいずれにせよ、身も蓋もないことを言えば、「年代本」が述べているのは、人生常に頑張れ、ということなのです。

■40代になって「自分探し」

30代では結婚や子育てというトピックが新たに登場しましたが、40代論全般において登場するようになるのは「老いと死」というテーマです。

「新しいことに取り組んでいないと老化が早い。老化が早いということは、仕事面でもどんどんレベルダウンしていくことである」(川北40、139p)
「40代というのは、30代には見えなかった人生の終わりが、遠くにちらっと見えてくる時期です」(本田40、54p)
「人生で最後に抱きしめたい思い出というのは、家族や、ごく身近な親友とのあいだのものではないでしょうか。彼らとの楽しい思い出をつくるのも、40代でしておきたい大切なことです」(本田40、122p)

こうした「老いと死」を特に重要視しているのが本田健さんと井上裕之さんの著作です。特に本田さんは、今の引用にもあるように、人生の「仕舞い支度」とも呼べるような行動に早くも言及し始めています。このように「老いと死」を遠くに見ようとするとき、本田さんらの著作は、大塚さんらの著作とはまた異なったかたちで気持ちの切り替えを求めることになります。

「じつは、この40代をどう生きるかによって、理想とする50代、60代、さらには老後が決まるのです。つまり、40代はアナタらしい生き方を手に入れる最後のチャンスなのです」(井上40、4p)
「人生はこれからです。これからを、いまのままの生き方で過ごすのか、それとも、生き方を変えていくのか。あなた次第で、これからの10年、20年が変わっていきます」(本田40、38p)

彼らにとって、40代は人生の締めくくりに向けて、あるいは「後半の人生のフレッシュ・スタート」(本田40、5p)に向けて、気持ちを切り替える時期だというのです。以前、30代が「自分探し」のラストチャンスとされていることを紹介しました。しかし、本田さんと井上さんの40代論では、再び何事もなかったかのように「自分探し」が奨励されています。それは今述べてきたような、20代や30代とは異なる、人生の後半戦の「自分探し」をこれから行おうという仕切り直しがなされたためです。そして以下のように、あなたの本当の夢を、本当にやりたいことを取り戻そうと促されることになります。

「40代を失われた10年にするのか、いままでの人生の中で最高の10年にするのか、あなた次第です。夢をあきらめてしまったら、あなたにいったい何が残るのでしょうか」(本田40、169p)
「40代という人生の節目を過ごしていくにあたり、私たちは、小さくて低い限界を自分に課すことに決別しなくてはなりません。投資に見合うリターンといわなくてはならないような情けない夢や目標ではなく、私たちは本当に欲しいもの、本当につかまえたいものがあるはずです」(井上40、13p)

しかしもう一度川北さんの著作に目を転じると、「40代は、競馬でいえば、第3コーナーを回ったあたりだろう。だが、そろそろムチが入る頃合。この時期に大切なのは、決して脱落しないことだ。脱落さえしなければ、まだ先にいろいろな可能性が残っている」(川北40、123p)と、20代から続く出世競争はまだ終わりを迎えていません。大塚さんも、自分のやりたいことができるという意味においてですが、出世志向を強く有していました。本田さんらのように、人生後半の再スタートだ、老後に向けて今が重要だと述べる40代論と、なんと大きく隔たった地点にいるのでしょうか。

20代論においては、これはまだ考え方の違いで済むところがありました。30代論において、各著作間での裂け目が顔を見せ始めていたのですが、40代になるともはや各著作――およびそれらを手にする読者が立っている人生の地点、その先に見ようとしているもの――の間の隔たりは、とても行き来できないほどに大きくなっているのです。

■自己啓発という存在証明

しかしながら、どのような方向に進もうとも「年代本」は、これこそが勝者のたどる道だ、成功者の人生だ、本当の幸福だ――それ以外は敗者の、ぱっとしない、偽りの人生だと主張します。本田さんの著作ではさまざまな生き方があるという前置きがなされていますが、「年代本」は概して、これこそが正しい、あるべきライフコースなのだという理想形を力強く提示するものだといえます。

そもそも、30代や40代ともなれば、人にはさまざまな事情と生き方があり、それぞれの人生に簡単に「勝者の」「本当の」といった評価はできないものだと考え始めそうにも思えます。にもかかわらず「年代本」は、自分や他人の人生を二分法的に切り分けて、これこそが本当の、あるいは偽りの生き方なのだとそれぞれに断定してしまうのです。

まったく異なった方向を向いているように見える生き方のそれぞれが、「これこそが本当の生き方だ」として称揚されるということ。そしてそのような「年代本」が多く刊行され、またベストセラーにもなっているということ。これらからは、どのような人生を送っていたとしても、自らの人生航路に確信が持てず、あるべき道を力強く指し示してほしいと思う人が今日の世の中に一定数いるのだと考えることができます。

自らの人生航路について考えるとき、自分自身のことのみで話が済めばよいのですが、先に述べたように、「年代本」はときとして他人の人生を上げ下ろして眺め、また切り捨てることがあります ――それはぱっとしない人生だ、敗者の人生だ、と。しかし、自分自身が納得する生き方をしたいという切望が、他人の人生を否定することで充たされるのだとしたら、それは「勝者の」「本当の」と胸を張れるような生き方だと果たして言えるのでしょうか。

このことを考えるにあたって、少し視点を変えてみたいと思います。かつて社会学者の石川准さんは、人(特に近代以降に生きる人間)は存在証明に躍起になる動物だとし、その存在証明のために人々が行うさまざまな行動を「アイデンティティ・ゲーム」という言葉で表現していました(『アイデンティティ・ゲーム 存在証明の社会学』新評論、1992)。

石川さんの言及から私はこう考えます。つまり「年代本」、ひいては自己啓発書から見えてくるのは、種々の営み――自分自身の能力を高める、自分自身の「本当にやりたいこと」を発見する、一流品を身にまとう、マネジメントの視点をつねにとる、他人を否定する等々――を通して行われる、それぞれの立場を有する著者(や読者たち)の、自己存在証明(アイデンティティ・ゲーム)の現代的なやり口なのではないか、と。今示した例の中で言えば、他人との比較を行うことは、実にお手軽で、有効な存在証明の手段ですよね。

存在証明のツールとしての自己啓発書。どのような立場の、どのような方向を向いている著者(や読者たち)が、どのような方法で自らの存在の証を立てようとしているのか。こう位置づけるとき、自己啓発書は現代社会を読み解くための、非常に興味深い資料として立ち現れてくると私は考えているのですが、みなさんはどうでしょうか。

さて、今回はかなり長くなってしまいました。次回は近年の自己啓発書ブームの中核ともいえるトピック、「ドラッカー」について考えてみたいと思います。

(牧野 智和=文)