プラモデル製作の技法も応用した、「ガンダム」モチーフのシューズ発売

写真拡大

スポーツ用品メーカー「アシックス」のスポーツファッションブランド「オニツカタイガー」は、バンダイナムコグループのおもちゃなどを手がけている「バンダイ」のメンズアパレルブランド「ストリクトジー」とコラボレーションし、「機動戦士ガンダム」の世界観を取り入れたシューズウエアを企画。

11月23日から、ガンダムフロント東京店、ネオパーサ静岡(下り)店、「オニツカタイガー」ブランドの国内直営店8店舗で順次販売する。

シューズは、”本物の日本”をコンセプトに同社が展開している「NIPPON MADE(ニッポンメイド)」シリーズの定番商品「MEXICO 66 DELUXE(メキシコ66 デラックス)」がベース。

日本人の職人の手による「製品洗い加工」を施しており、履きこんだようなビンテージ感をもたせている。

また、アッパー(甲被)と靴底の側面には、プラモデル製作の技法である「ウェザリング加工」を施し、自然な経年変化(さび、砂、ほこり等による汚れ)を表現することで独特の風合いをもたせているという。

カラーは、”初代ガンダム”をモチーフにしたカラー「ホワイト×ホワイト」、”ザク?”をモチーフにしたカラー「アーミー×アーミー」、”シャア専用ザク”をモチーフにしたカラー「ピンク×ピンク」の3カラー。

甲の外側には、それぞれのイメージとなっている”モビルスーツ”の機体番号、ヒールフラップには地球連邦軍、ジオン公国軍のマークが刺しゅうされているとのこと。

希望小売価格は29,400円。

サイズは25.0から28.0センチ(0.5センチ刻み)、および29.0センチとなっている。

なお、ウエアのデザインは、「オニツカタイガー」の定番ウエア「TRACK TOP(トラックトップ)」がベース。

”初代ガンダム”をモチーフに、左胸に地球連邦軍のマーク、背中に虎と地球連邦軍のマークをそれぞれプリントしたアイテムと、”シャア専用ザク”をモチーフに、左胸にジオン公国軍のマーク、背中には虎とジオン公国軍のマークをそれぞれプリントしたアイテムの2種類を展開する。

希望小売価格は14,700円。

サイズはS、M、L、XLとなっている。