「エコプロダクツ2012」12月13日〜15日に開催

写真拡大

(社)産業環境管理協会と日本経済新聞社は、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2012」を12月13日(木)〜15日(土)の3日間、東京ビッグサイト東ホール全ホールにて、開催する。
第14回目の開催を迎える今年の開催テーマは「The Greener, The Smarter―えらぼう未来を」。よりよい未来を実現するために必要な選択をし、我々の生活や社会に前向きに取り入れて行動していこうという意味を込めたもの。そのテーマの下、社会システムの新しい形として注目されるスマートコミュニティに特化した「Smart Community 2012」、日本の「森づくり」「木づかい」の課題と展望を紹介する「森林(もり)からはじまるエコライフ展2012」、環境問題や超高齢化対応などに対応して新たな街づくりのあり方を提案する「環境未来都市ゾーン」といったテーマゾーンをはじめ、約760社・団体がグリーンでスマートな最先端のエコプロダクツを展開する。
来場者は3日間で18万5千名を見込む。