なでると「ニャ〜ン」と鳴く新感覚ぬいぐるみ「なでなでねこちゃん」発売

写真拡大

おもちゃメーカーのトレンドマスターは10月30日、静電センサー内蔵のペットぬいぐるみ「なでなでねこちゃん」3種類を、全国おもちゃ専門店・百貨店・量販店・ネット販売店などで発売を開始した。

同商品には、静電センサーが頭とおなかの2カ所にあり、頭をなでると「ミャ〜オ」、おなかをなでると「ニャ〜ン」と鳴き、頭を触ると「ごろごろ」、おなかを触ると「ナ〜ォ」と甘える。

頭や手足は柔らかなぬいぐるみ素材で、なでたり、抱っこすることが可能。

コミュニケーション性が高いおもちゃとなっているという。

また、静電センサーには、スマートフォンのパネルに活用されているセンサーを採用し、「なでる」と「触る」の違いを感知して、鳴き声を変えることができる。

なお、今回発売されるのは「くろちゃん」、「とらちゃん」、「グレースちゃん」の3種類。

希望小売価格は各2,625円で、対象年齢は3歳からとのこと。