【男性編】友達とケンカしたあとの対応ランキング
素直に謝ってしまうのが一番!







親しい友達なのに、相手の言動に腹が立って思わずケンカしてしまう。ときには、そんなこともありますよね。ケンカの後、どう行動するかで2人の関係は変わってくるかも。そこで今回は、男性379名に「友達とケンカした後の対応」を聞いてみました。









Q.友達とケンカしたあとの対応は?(複数回答)

1位 すぐに会って謝る 48.3%

2位 お互いに謝らないままうやむやにする 22.4%

3位 ケンカしたのを忘れてしまい通常の対応をする 11.3%

4位 相手が謝るまでケンカ状態を続ける 9.7%

5位 直接は照れ臭いので電話で謝る 8.7%





■すぐに会って謝る!!

・「意地を張るような年齢はもう過ぎた」(29歳/その他/技術職)

・「社会生活の基本」(45歳/自動車関連/技術職)

・「謝らずにこじれた苦い経験を踏まえ、とにかく謝るようにしています。これで仲直りできないならそんな友人はいりません」(35歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「小学生のころ、ささいなケンカをして時間を空けてしまい、友達をなくした経験があるから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)





■お互いに謝らないままうやむやにする!!

・「グレー決着が助かる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「別に絶交するほどのケンカではないからどうでもいい」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「あいまいにしておくことも必要だから」(32歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「なかなか謝れない」(26歳/その他/技術職)





■ケンカしたのを忘れてしまい通常の対応をする!!

・「男は後腐れなくサバサバしているので、下手な対応をするよりいつもどおり接するのが一番」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「友達なら基本的にひと晩寝れば、昨日のことは引きずらない」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「ケンカは一過性のものがほとんどだから気にする必要はない」(38歳/通信/営業職)

・「結局のところ、お互いの頑固さなどから始まる意地の張り合いみたいなもの。ケンカしてスカッとした後は、自然に関係が修復する」(41歳/電機/技術職)





■相手が謝るまでケンカ状態を続ける!!

・「早く謝りたいが、意地を張ってしまう」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「売られたケンカはタダでは返さねぇ」(23歳/食品・飲料/専門職)

・「受け身なので自分から謝りに行けない」(25歳/自動車関連/事務系専門職)





■直接は照れ臭いので電話で謝る!!

・「時間を置いて頭を冷やしてから電話で謝罪の意思を伝える」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「なかなか直接は謝れない」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「電話もあるし、ほかにメールかな……」(43歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■番外編:友達とケンカしたあとこんな対応をする!!

・「納得のいくまで話をする」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「それきり会いません」(41歳/その他/その他)

・「相手が話しかけてくるまで、話をしない」(30歳/自動車関連/技術職)





総評

何だかんだ言っても、結局は謝ってしまうのが一番! ということで、「すぐに会って謝る」が48%もの支持を得て1位に輝きました。謝らなかったことで関係がこじれたり、友達を失ってしまったりした経験がある人は、過去への反省を踏まえてすぐに謝るようにしているそう。ちょっと照れくさい場合は、5位のように「電話で謝る」というパターンもあるようです。





2位は「お互いに謝らないままうやむやにする」、3位は「ケンカしたのを忘れてしまい通常の対応をする」ということで、どちらも「水に流す」状態。本当に仲のいい友達なら、ささいなケンカはこんな対応でいいのかもしれません。





4位のように「相手が謝るまでケンカ状態を続ける」という人も。本音では謝りたいものの、意地を張ってしまったり、積極的に行動できなかったりするため、謝れない人もいるようです。直接言えないなら、メールで謝るのもいいかもしれませんよ。(文・塩澤真樹/C-side)





調査時期:2012年2月24日〜3月3日

調査対象:マイナビ ニュース会員

調査数:男性379名(その他と答えた39名を除く)

調査方法:インターネットログイン式アンケート