渋谷DIESELでロンドンの有名クラブ「fabric」世界初のエキシビジョン

写真拡大

 ロンドンの有名クラブ「fabric(ファブリック)」によるエキシビション「US by fabric」が、渋谷の「DIESEL ART GALLERY」で11月16日から開催される。自身の活動のベースには日本のカルチャーが流れているという創設者のKeith Reilly(キース・ライリー)が「ある種の凱旋のように感じている」と表現する世界初のエキシビジョン。会場では、13年間に渡る「fabric」の歴史を象徴するアートワークを一堂に展示する。期間は2013年2月15日まで。

英クラブfabric世界初の展覧会の画像を拡大

 世界で最も影響力のあるクラブに名を連ねるロンドンの「fabric」は、1990年10月にロンドンの東にあるスミスフィールド市場の向かいに誕生。90年代にロンドンで主流となっていた商業的なクラブとは正反対の存在を目指し、音楽パフォーマンスやコンピレーションアルバムのリリースなどに専念した活動で、現在は世界で最も影響力のあるナイトクラブの一つと言われるまでに成長している。

 「fabric」が初めてロンドンを飛び出し開かれる「US by fabric」は、「fabric」の哲学や精神を視覚的に表現した数々のポスターやイメージを展示。音楽は自身にとって生活の一部で、レコードコレクションは50万枚を超えるというKeith Reillyは「写真やモデルメイキング、純粋なデザインといった広範囲かつ集中的なプロセスの結晶」で「私たち自身」を表したという展示作品を通じて、「この機会に皆さんが少しでも私たちの作品の中に美を見つけてくれたらと願っています」とコメント。Keith Reillyはオープニングに合わせて来日を予定している。

■US by fabric
 アーティスト: Keith Reilly / fabric
 キュレーター: Yoshihiro Kozuma / ziginc.
 会期: 2012.11.16 (金) - 2013.2.15 (金)
 会場: DIESEL ART GALLERY
 住所: 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
 Web: www.diesel.co.jp/art
 開館時間: 11:30-21:00
 休館日: 不定休
 詳細:http://www.diesel.co.jp/art/next.html