男性に聞いた、同棲はアリ?ナシ?--「結婚しない理由を見つけられる」

写真拡大

近年、結婚前に同棲をはじめるカップルが増えている。

果たして男性は、結婚前の同棲にどのようなイメージを抱いているのか。

今回はマイナビニュース会員のうち独身男性300名に、結婚前の同棲がアリかナシか聞いてみた。

Q.結婚前の同棲ってアリ? ナシ?アリ 70.7%ナシ 26.0%Q.結婚前の同棲は「アリ」派・「結婚してからトラブルが起きるリスクをぐっと減らせるので、恋愛のお試し期間として必要だと思う」(23歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「交際中に見えるものと同棲して見えるものは違うと思う」(19歳男性/学生/技術職)・「結婚してから初めて知ったことで離婚になるのはよくあると思うから、予行演習としていいと思う」(37歳男性/商社・卸/販売職・サービス系)・「好きあっていれば特に問題ないと思います」(46歳男性/ソフトウエア/技術職)・「婚姻届を出すか出さないかにとらわれることはないと思います」(27歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)・「結婚しない理由を見つけられるから」(36歳男性/情報・IT/技術職)Q.結婚前の同棲は「ナシ」派・「経験豊かな女性は御免」(31歳男性/自動車関連/営業職)・「もうそんな時間をつぶす年齢的余裕がないし、同棲するくらいならとっとと結婚しろ」(39歳男性/その他/その他)・「結婚前は自分を大切にすべきだから」(27歳男性/自動車関連/技術職)・「ちゃんと段階を踏まないと相手の親からの信頼も得られないから」(28歳男性/医療・福祉/専門職)・「結婚するまでは一人でいたい」(30歳男性/機械・精密機器/技術職)・「結婚すればいくらでも一緒に住めるから」(29歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)■総評結婚前の同棲は「アリ」と答えた人は70.7%で、女性にした同様の質問より多い結果となった。

理由は女性の回答とおおむね同じで、結婚前に相手の価値観や生活スタイルを確かめたいというものだった。

なかには「同棲してからでないと結末は離婚しかない」と断言する人も。

結婚後に後悔するより、事前に相手との相性など確かめておいたほうがリスクは少ないと考えているようだ。

また女性の回答と異なる点として、結婚の「予行練習」というよりも、結婚という形式にとらわれたくがないために同棲を選択する男性もいるようだ。

女性は「結婚」というゴールを決めて、期間限定で同棲するという意見が圧倒的に多かったが、このあたりで男女の温度差があるように感じた。

結婚に伴う責任を負わずにすむという点で、同棲は自由を好む男性の理想的な恋愛スタイルなのかもしれない。

一方、同棲は「ナシ」という」回答はわずか26.0%だった。

同棲否定派の男性からは「ちゃんと段階を踏みたい」「同棲するなら結婚をする」「わざわざ結婚後に嫌というほどできることをしなくとも……」という意見があがった。

同棲賛成派が「結婚前に嫌な部分を知っておきたい」と思っているのに対し、反対派は「嫌なとこばかり見えてしまう」ことによる結婚前の破局を懸念しているようだ。

他には、同棲は「モラル的に問題がある」という声や、「順序を守りたい」という信念に基づいた意見もあった。

同棲に対する意識が、男女で微妙に異なることが判明した今回のアンケート。

恋愛スタイルが多様化し、同棲も比較的カジュアルなものとなってきてはいるが、トラブルを防ぐためにも互いによく話し合って選択するようにしたい。

調査時期: 2012年10月3日〜2012年10月5日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性300名調査方法: インターネットログイン式アンケート

続きを読む