●神様、家をうしなう

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鈴木ジュリエッタ/白泉社・神様はじめました製作委員会

TVアニメ「神様はじめました」がテレビ東京、AT-X他にて放映されています。

<キャスト>
桃園奈々生:三森すずこ
巴衛:立花慎之介
鞍馬:岸尾だいすけ
瑞希:岡本信彦
ミカゲ:石田彰
猫田あみ:佐藤聡美
鬼切(おにきり):新子夏代
虎徹(こてつ):大久保ちか
鳴神姫:氷青

●ストーリー
父親が家出して、若い身空でホームレスとなってしまった女子高生・桃園奈々生。困っている奈々生の前に「私の家を譲りましょう」という怪しい男が現れる。男の正体は、土地神ミカゲ。
奈々生は家(=廃神社)と引き換えに神様の仕事を任されてしまい…!?
 しかも社には、性格最悪で凶暴な妖狐・巴衛が神使として居座っていた。社の精である鬼切と虎徹に励まされながら社の仕事をこなす奈々生に、巴衛はいつも悪口ばかり。

ある日奈々生は鬼切から「神使の契約を結べば、巴衛が絶対服従する」という話を聞く。喜びいさんで契約方法をきくと「口づけ」だって…? 

「冗談じゃない!巴衛とキスするぐらいなら出て行ってやる!!」 

奈々生の明日は果たして!?
●再び家なき子
土地神と女子高生を両立する桃園奈々生。今日は巴衛が神社から動けないため一人で学校へ行くと、鞄の中からゴソゴソと…。

鞄を開けてみれば鬼切と虎徹が入っているではありませんか!

※ちなみに、この2人は人間には見えません。

そんな日の昼時、雷神・鳴神姫がやってきます。彼女は神社から奈々生を引き取ろうとしているようですが…。もちろん巴衛はそれを予見していて、すぐに鳴神姫の元へと駆け付けます。

ところが鳴神姫の打ち出の小槌によって巴衛は小さくなってしまい、更に奈々生のミカゲの印を奪い取ります。このことによって奈々生の土地神のしての能力は奪われてしまい、再び家なき子となってしまいます。
●巴衛、倒れる!
家なき子となった奈々生、小さくなった巴衛は途方に暮れます。

巴衛「人間となったお前なら、その気になれば住む所なぞすぐ見つかる。私ではどうすることもできぬが…。」

そういうと巴衛は高熱のため気を失ってしまいます。慌てて病院に連れて行こうとする奈々生ですが人間では無い巴衛では病院は無意味。そこへ偶然やってきたのは鞍馬。奈々生は鞍馬を頼る事とします。
●笹餅
鞍馬の家にやってきた奈々生と巴衛。

※ちなみに鞍馬は仮病で学校をサボっていただけのようです。

巴衛の病気は幼児退行化による妖力の過剰による負荷が原因。そのため根本的な治療には元の姿に戻るしかないのですが…。

高熱でうなされながら見た夢の中で巴衛は幼少の頃を思い出します。そこで彼は奈々生にこう言います。

巴衛「笹餅が食べたい。」

奈々生はそれを聞くなり、すぐに笹餅を作ります。

巴衛「奈々生、ありがとう。」
●最上級の感謝!
一方、鳴神姫が主となった神社。奈々生の妖力が及ばなくなったため元の廃神社となってしまい、雨漏りもひどい状態。

※ちなみに奈々生が目を覚ますと鞍馬が横で寝ていますが…。巴衛を元の姿に戻すには鳴神姫が持つ打ち出の小槌を使うしかなさそうです。

巴衛は鳴神姫からの使いと共に一時廃神社へ戻るも、鳴神姫の神使となる事を拒み、結局は元の姿には戻れず。

鳴神姫が怒りのため廃神社を破壊しそうとするも、それを止める為に鬼切・虎徹の嘆願により廃神社へ招かれた奈々生が巴衛を探す事になります。

巴衛が隠れていた場所はミカゲの鏡の中。結局、鳴神姫は巴衛を神使とする事を諦めて打ち出の小槌と奈々生のミカゲの印を返す事にします。

全てが元に戻った奈々生と巴衛。そして、

巴衛「最上級の感謝!」

と称して巴衛が奈々生にキスをします。

※神使の再契約らしいです。

「神様はじめました」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「神様はじめました」第4話「白蛇の嫁」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第3話「沼皇女の恋」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第2話「鞍馬+烏天狗=鞍馬天狗?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神様はじめました」第1話「土地神女子高生、桃園奈々生!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「神様はじめました」TVアニメ公式Webサイト
「神様はじめました」AT-X公式Webサイト