神奈川県・横浜赤レンガ倉庫で開催される「お米まつり2012」出展12銘柄決定

写真拡大

ふるさとの「食」応援プロジェクト実行委員会は、日本人の食文化の中心であるお米の価値を再発見するためのイベント「おこめまつり2012」を、11月16日から11月18日の3日間、横浜赤レンガ倉庫 特設会場にて開催。

このほど、出展される新米12銘柄が決定した。

同イベントでは、まず好きな「お米」を選択。

各ブースを巡りながら、全国から集められたふるさとの「おかず」を、「食べ歩き」、「食べ比べ」することができる。

主役の米は、全国各地の米所からブランド米を厳選。

出展予定の12銘柄は全て「日本穀物検定協会」平成23年産米食味ランキング「特A」(複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米としたときに、基準米よりも特に良好なもの)と、「A」(基準米よりも良好なもの)を獲得しているという。

例えば「ゆめぴりか」は、北海道初の「特A」ブランド米。

程よい粘りと甘み、つやのある炊きあがりが特徴だ。

また、山形の「はえぬき」は、コシヒカリのような粘り強さとあっさりとした食感で、冷めてもおいしさを保つことができる米だという。

なお、そのほか出展銘柄は、青森「つがるロマン」、宮城「ひとめぼれ」、山形「ひとめぼれ」、「つや姫」、新潟「コシヒカリ」、「魚沼産コシヒカリ」、栃木「なすひかり」、福井「夢ごこち」、「ハナエチゼン」、「コシヒカリ」となっている。

同イベントの入場料は1,000円(おこめ券、400円分の食券含む)。

また、会場有料エリア内では10枚つづりで1,000円分の食券を販売する(無料エリア有り)。

詳細は同イベント公式サイトを参照のこと。