ピルロがいる。バロテッリとブッフォンもだ。バロンドール争いが始まり、イタリア代表からはEUROが素晴らしかったおかげで3人の選手が名を連ねた。イタリアが敗れた相手、スペインはもちろん、最も多くの選手がノミネートされている。カシージャス、イニエスタ、シャビ、アロンソ、ブスケッツ、ピケ、そしてラモスだ。

リーガエスパニョーラの支配ぶりも明らかだ。受賞候補であるメッシはもちろん、その対抗馬であるクリスティアーノ・ロナウド、アトレティコ・マドリーの主役であるファルカオがいる。ほかにもエジルやベンゼマだ。後者は唯一のフランス人である。

パリ・サンジェルマン(PSG)のスターだが、昨季はセリエAの得点王だったイブラヒモビッチも候補入り。中国へ移ったが、昨季チェルシーで欧州王者となったドログバも含まれている。プレミアリーグで選ばれたのは、マンチェスター勢のみ。ルーニー、ファン・ペルシ、アグエロ、ヤヤ・トゥレだ。ブンデスリーガからはノイアー、ブラジルからはもちろんネイマールだ。

一方、監督賞でも、3人のイタリア人が選ばれた。マンチェスター・シティでプレミアを制したマンチーニ、チェルシーで欧州王者となったディ・マッテオ、EUROでファイナリストとなったプランデッリの3人だ。だが、ユヴェントスでイタリア王者となったアントニオ・コンテは含まれていない。リーグ戦で無敗のコンテ監督だが、違法賭博・八百長事件がらみの問題がある。

ただ、監督賞の争いはモウリーニョとデル・ボスケの一騎打ちとなるだろう。だが、グアルディオラ、ファーガソン、そしてドイツの3人、クロップ、ハインケス、レーブも残っている。

バロンドールは11月30日に3人のファイナリストが発表され、2013年1月7日にチューリヒで受賞者が発表される。今回発表された23名の候補者は以下のとおり。

セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン/マンチェスター・シティ)
マリオ・バロテッリ(イタリア/マンチェスター・シティ)
カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリー)
ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア/ユヴェントス)
セルヒオ・ブスケッツ(スペイン/バルセロナ)
イケル・カシージャス(スペイン/レアル・マドリー)
ディディエ・ドログバ(コートジボワール/上海申花)
ラダメル・ファルカオ(コロンビア/アトレティコ・マドリー)
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン/PSG)
アンドレス・イニエスタ(スペイン/バルセロナ)
リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
マヌエル・ノイアー(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
ネイマール(ブラジル/サントス)
メスト・エジル(ドイツ/レアル・マドリー)
ジェラール・ピケ(スペイン/バルセロナ)
アンドレア・ピルロ(イタリア/ユヴェントス)
セルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリー)
ウェイン・ルーニー(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド)
ヤヤ・トゥレ(コートジボワール/マンチェスター・シティ)
ロビン・ファン・ペルシ(オランダ/マンチェスター・ユナイテッド)
シャビ・アロンソ(スペイン/レアル・マドリー)
シャビ・エルナンデス(スペイン/バルセロナ)