40代″独身″女性向け新雑誌「DRESS」 秋元康や藤田晋らの新会社ギフトから創刊

写真拡大

 40代の"独身"女性をターゲットにした新雑誌「DRESS(ドレス)」が、2013年4月1日に創刊する。発行元は、最高顧問に秋元康、名誉会長にエイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人、取締役会長に幻冬舎の見城徹、取締役副会長にサイバーエージェント藤田晋と豪華顔ぶれを揃えた新会社ギフト。創刊号は30万部を予定しており、価格は680円。表紙は米倉涼子が飾る。

シングルアラフォー女性向け雑誌創刊の画像を拡大

 ギフトは「DRESS」の創刊にあたり、40〜45歳の独身率が約26パーセントを占めるという現状に着目。年々増え続けているという「シングルアラフォー女性」たちをターゲットに、ファッション、ビューティー、コンフェッションの3本柱で構成された「大人の恋愛雑誌」として発行する。創刊キャッチフレーズは「LOVE 40」。雑誌名には、"DRESSをまとわなくても輝く自信がある女性たちを増やしていきたい"という思いが込められている。編集長は、「ストーリィ」や「美ストーリィ」で編集長を務めギフトを設立した山本由樹、副編集長は「VERY」、「STORY」など女性誌でファッションページを中心にライターとして活躍してきた渋澤しょうこが担当。また、ファッションディレクターとして大草直子を迎える。

 雑誌の創刊に先駆けて、2012年末にはWEB版をオープン。WEBではSNSを活用したコミュニティや、雑誌と連動したECを開設。一休.comと連携してラグジュアリーな宿泊施設、レストラン、スパの予約を可能にする他、オリジナル商品やコラボ商品を揃える雑誌連動型通販「DRESS CLOSET」を展開。さらに、読者同士の共感を熟成するシークレットSNSサービスを提供する。またサイト内では、各界の"DRESSな女たち"を大臣として、"女のための女の内閣"を組織。恋愛担当相には北川悦吏子、美容担当相には藤原美智子などが就任し、日替わりで大臣からの提言をコラム形式で発信していく。