センター街が読モ・ギャルカフェ激戦区に?ガールズアワード公式カフェ&バー開店

写真拡大

 日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward(ガールズアワード)」のオフィシャルショップ「Beauty Cafe by GirlsAward」が10月29日、渋谷センター街に出店した。店内ではビューティーグッズや健康食品を集めたグッズ販売フロアとカフェ&バーが併設され、読者モデルら女性店員が接客。同エリアには、スタッフ全員がギャルのカフェ「10sion(テンション)」や青文字系雑誌の現役読者モデルが働く「MiLKcafe(ミルクカフェ)」も出店しており、センター街が読モやギャルカフェの激戦区になりつつある。

センター街が読モ・ギャルカフェ激戦区に?の画像を拡大

 「Beauty Cafe by GirlsAward」は、「女子が女性にあこがれる」をコンセプトに、女の子の憧れの靴ハイヒールをイメージしたというピンク色のロゴを導入。外装には「GirlsAward」のアーカイブ映像を流す大型ビジョンが設置され、3フロア構成の店内は1階でビューティーグッズの販売、2階と3階ではフードやデザートを提供。1階には25種類のカラーコンタクトやダイエット食品、つけまつげなど益若つばさや木下ココ、浜崎あゆみといった芸能人がデザインプロデュースやイメージモデルを務めるアイテムがそろい、読者モデルとして活動する女の子が店員を務める。2・3階ではキッシュまたはパイと、サラダ、スープをセットにした看板メニュー「GirlsAward set」(1,050円)をはじめ、「キノコと豆腐の和風キッシュ」や「ゴルゴンゾーラのパイ〜はちみつ添え〜」などの単品フードメニュー10種、ソフトドリンクやアルコール40種類以上を用意。フードサービスやフードコンサル事業を手がけるキャンディーBOXが運営する。

 18時のグランドオープンを前に、ショップにはトップモデルの冨永愛が来店。ダイエット飲料の「酵水素328選」などを購入した。「GirlsAward」の広報担当者は「イベントの情報発信拠点を目指して立ち上げた。今後、店内を利用した特別企画などでさらに認知度を高めていきたい」とコメント。より音楽サイドに力を入れる近年のイベント展開については「『ガールズアワードウィーク』のような、平日から土日をまたいでの長期開催も視野に施策を進めていきたい」と話し、渋谷センター街の一等地に出店した今回のショップを通じて新たな「GirlsAward」の世界観を発信していく。

■Beauty Cafe by GirlsAward
 住所:東京都渋谷区宇田川町21-7
 TEL:03-3462-1288
 営業時間:10:00〜23:00