韓国のファミマの看板が「CU」に掛け替えられている(写真は、「CU」を運営するBGFリテールのホームページ)

写真拡大

韓国で約7500か店のコンビニエンスストアを展開するファミリーマート。その看板が2012年8月から、続々と「CU」に変わっている。

合弁で運営している会社も「普光ファミリーマート」から、「BGFリテール」に社名変更。日本の「ファミリーマート」の名を捨てて、韓国の新ブランド「CU」として世界市場に出て行くという。

公共施設の出店はファミリーマートの看板では出店しづらい

ファミリーマートは韓国に7559か店を出店(2012年8月末時点)。13年2月末には8280か店(前期末比1370か店増)となる計画だ。

韓国のコンビニ市場は1989年にセブン‐イレブンが1号店を出店。ファミマはその後の1990年に、ソウル・可楽洞(カラクドン)に1号店をオープンした。以来22年、現在は同社が韓国勢をも抑えてシェア第1位となった。ファミマの海外戦略で韓国は、最も重視している国の一つでもある。

韓国でも「コンビニ」を使うライフスタイルが徐々に浸透し、「ファミリーマート」の看板もだいぶ馴染んできた。

ところが、その看板が次々と、紫色を基調とした「CU」に掛け替えられている。ファミマによると、「8月末の段階でほぼ半数の店舗の看板が掛け替えられました」と話す。

新名称の「CU」は「あなたのためのコンビニ(CVS for You)」という意味。BGFリテールの洪錫肇(ホン・ソクチョ)会長は「日本のコンビニエンスストアの模倣から脱却し21世紀の韓国型コンビニに能動的進化をする」と語り、「CU」を世界ブランドに育て、2020年に売上げ10兆ウォンを達成するのが目標、としている。

ファミリーマートはなぜ、韓国で看板を下ろしてしまったのか――。同社はこう説明する。

韓国のコンビニ市場はほぼ飽和状態で競合が激化、出店が難しくなりつつある。

「公共施設などへの出店の際は、日本の『ファミリーマート』の看板では出店しづらいことがあります。『CU』であれば、そういった場所への出店も可能です。企業の成長を考えれば、その国々にあった方法で運営していくことがいいわけです」

看板には「with FamilyMart」と付記している

看板の掛け替えがはじまって3か月が経ち、そろそろすべての店舗の看板が「CU」に掛け替わった頃だ。韓国を訪れた日本人観光客のリピーターが、それまで見かけた「ファミマ」の看板がなくなったことに気がつき、驚くことはあるかもしれない。

看板の掛け替えは、ファミリーマートとBGFリテールとのライセンス契約が2012年7月末に切れたことによるものだが、両社は新たな包括的な提携契約を締結。それが「CU」ブランドの立ち上げと資本関係の強化だ。

BGFリテールは他社が韓国内で「ファミリーマート」のブランド名を使用できないようにする契約を結んでおり、ファミマとの資本関係も継続。一方、ファミマはBGFリテールへの出資比率を23.48%から25%に引き上げた。ファミマは「資本関係はこれまで(持分法適用会社)と変わりありませんが、関係は強化されています」という。

たしかに看板も掛け替わっているが、「with FamilyMart」と付記されていて、「CU」がファミリーマート・グループであることがわかるようになっている。

ファミリーマートは、「(BGFリテールとの)関係が悪くなったわけではありませんし、これからも(関係が)強化できるところは強化していきたい。そういったこと(経営ノウハウが流出してしまう心配)もありません」と話している。