AKB48篠田麻里子初のブランド「ricori」2013年春デビュー

写真拡大

 AKB48の篠田麻里子がプロデューサー兼デザイナーを務める新ファッションブランド「ricori(リコリ)」が、2013年春夏コレクションにデビューする。ファッションECモール「STOCK STYLE」を運営するダブルウェアが展開。3月にオープン予定の直営店で販売をスタートさせる。

AKB48篠田麻里子がデザイナーデビューの画像を拡大

 「ricori」は、篠田麻里子が「自分のブランドを立ち上げたい」という長年の夢を実現させるため、本気でファッションに向き合ったことで生まれたウィメンズブランド。「女の子に魔法をかけた1枚の服。」をブランドコンセプトに、女の子の"かわいくなりたい!キレイになりたい!"という夢を叶えるリアルクローズを提案する。ターゲットは、篠田と同年代の20代女性〜30代の女性。ベージュや水色、ピンクなどの柔らかいカラーをブランドカラーに、"かわいいけど、かわいいだけじゃない"スタイルを実現するウェアや小物を揃える。価格帯はカットソーが7,000円〜15,000円、ジャケットが12,000円〜30,000円、シューズが8,000円〜25,000円。

 3月にオープン予定のショップは、篠田が思い描く「アリス」の世界観が表現された遊び心のある内装デザインを予定。篠田は自身のブランドをスタートさせることについて、「『ricori』は私の夢がいっぱい詰まったブランドになっております。 いつかは自分のブランドを作るのが夢でした。その一歩、ご支援そしてお力を借りて皆さんに愛されるブランドに成長させていきたいです」と、コメントを発表している。