ワールド、産学連携アートルームプロジェクトを実施。大学生が店舗を演出

写真拡大

アパレルメーカーのワールドは27日より、学生によるビジュアルプレゼンテーションで店頭を演出する取り組み「ワールド 産学連携アートルームプロジェクト」を実施する。

同プロジェクトは、実施店舗の近隣大学・専門学校で美術や芸術を学ぶ学生に向けて、店内でのワークショップやウインドウディスプレーなどのビジュアルプレゼンテーションを実践する「場」を提供するというもの。

学生にとっては、プロの舞台である商業空間でアイデアを形にして発表できる貴重な機会となり、同社としては、学生の豊かな感性から生まれる独創的な提案を期待できる。

さらに、近隣の学校と取り組むことによって、商業施設だけでなく地域の活性化や来店客のエンターテインメント体験も演出できるという。

実施店舗は同社が展開する大型ライフスタイルストア「フラクサス」7店舗で、共通テーマは”バロック X'mas”。

27日〜28日はフラクサス奈良(イオンモール橿原)を奈良芸術短期大学、11月17日〜18日はフラクサス広島(イオンモール広島府中)を比治山大学、比治山大学短期大学部、11月21日〜12月25日(ウインドウディスプレイ)と12月8日〜9日(ワークショップ)はフラクサス福岡(イオンモール福岡)を九州大学、11月23日〜12月25日はフラクサス武蔵村山(イオンモールむさし村山)を武蔵野美術大学が演出する。

11月15日〜12月25日はフラクサス名取(イオンモール名取)を宮城大学、宮城教育大学、東北大学、東北生活文化大学、11月16日〜12月25日(ウインドウディスプレイ)と12月1日〜2日(ワークショップ)はフラクサス名古屋(上小田井mozoワンダーシティ)を滋賀県立大学、11月21日〜12月25日(ウインドウディスプレイ)と12月15日〜16日(ワークショップ)はフラクサス伊丹(イオンモール伊丹)を京都造形芸術大学が、それぞれ演出する。

詳細は「フラクサス」各店へ。