パナソニック、イギリスで好評の家庭用スティック式掃除機を発売

写真拡大

パナソニック アプライアンスマーケティング ジャパン本部は12月10日、「スティック式掃除機MC-SU3100G」を発売する。

同社によれば、スティック式掃除機は、気になったときにすぐ掃除ができる手軽さと、置き場所をとらないコンパクトさで根強い需要がある一方で、ユーザーからは、キャニスター式に比べ「操作が重く感じる」「強いパワーが持続しない」などの不満の声も聞かれるという。

また、使用しないときも、収納せずに部屋に出しておくことが多いため、高いデザイン性も求められている。

同製品は、直立式縦型のアップライト型が主流のイギリスで先行発売し、操作のしやすさが好評の軽走アシスト「ワイドイオンパワフルノズル」「ビッグローラー」を搭載した。

アルミ製「スポッとハンドル」など、スタイリッシュでインテリアに映えるデザインも踏襲、さらにメタリック塗装を追加で施し、仕上がりにこだわったという。

また、機能は日本の住宅環境を研究し適合化した。

遠心分離方式「パワープレスサイクロン」を採用し、パワーを99%以上持続。

ゴミ捨ても簡単にできるなど、さらなる使い勝手の向上を図り、機能性とデザイン性の両立を目指した。

同製品の限定50台のモニター販売を、11月8日17時から11月27日13時まで、パナソニックコンシューマーマーケティングが運営するショッピングサイト「PanaSense(パナセンス)」において行う。

価格はオープン。