9月11日はアメリカの歴史上最も大きく、そして心が痛む日のひとつだ。この日の出来事は特別番組やドキュメンタリーで幾度と無く再現されてきたが、2013年にまた新たな形で表現されるようだ。


<Huffington Post>によると、『セプテンバー・モーン/September Morn(直訳:9月の朝)』と名付けられた真相に迫る映画が準備されており、少なくとも2人のビッグネームが起用されるという。

<Yahoo! Movies>では、この映画にはマーティン・シーンとウディ・ハレルソンが出演すると報道。メディアが大衆を欺いたと感じている2人が組み、真実を追求する内容となる予定だ。

『セプテンバー・モーン』のプレスリリースには、「我々国民は911(米同時多発テロ)の悲劇に対し、政府が徹底的かつ独自の再調査をすることを希望します。この映画は著名な俳優を起用し、『十二人の怒れる男』の流れを組んだ形で制作されます」と書かれている。

なお、出演が予定されているシーンは2007年の段階で、「自分たちの政府がこのような事件に関わっているとは信じたくない。そんな国には住んでいたくない。もし事実であるならば、我々に対する最悪の裏切りだと思う。近年様々な事実が暴露されており、私も不審に思っている。7ワールドトレードセンター(※)は特にそうだ」と911について語っていた。また『Guardian』紙では、共演予定のハレルソンとエド・アスナーも同様に、真相を究明したいと考えているようだと報じている。
<IndieWire>によると、この映画はB・J・デイヴィスが監督を務め、『十二人の怒れる男』同様に1か所で撮影されるそうだ。

※NYのワールドトレードセンタービル跡地の向かいにある高層ビル。1987年に完成したが、2001年の米同時多発テロ(911)で9月11日の夕方に倒壊。その後2006年に再建した。

ウディ・ハレルソン新作『セブン・サイコパス/Seven Psychopaths』トレーラー映像