ゆうちょ銀行、ネットバンキングでの”ポップアップ画面”の不正表示に注意

写真拡大

ゆうちょ銀行は、不正にポップアップ画面を表示させてゆうちょダイレクトの情報を盗み取ろうとする犯罪に注意を呼びかけている。

ゆうちょ銀行によると、最近、ゆうちょダイレクトにログインした後に、顧客の合言葉・インターネット用暗証番号を入力させようとする不正なポップアップ画面が表示されるという事例が発生したとの情報があったという。

ゆうちょダイレクトでは、ポップアップ画面を表示して、顧客に情報を入力してもらう機能を使用していない。

同行では、このような画面が表示されても、合言葉・インターネット用暗証番号の入力は絶対に行わないよう呼びかけている。

なお、送金などの取引時以外に、ログイン後に改めて顧客情報の入力を求めることはない。

ゆうちょ銀行は、万一顧客の中で、このような画面に入力をしてしまった心当たりがある場合には、早急に合言葉・インターネット用暗証番号の変更を行うよう要請している。

また、このような画面が表示される場合、顧客のパソコンがウィルスに感染している恐れがある。

すでにウィルスに感染してしまっている場合は、ウイルスを駆除する必要がある。

その主な方法は以下の通り。

最新の状態に更新されているアンチウィルスソフトによるウィルス駆除パソコン等の初期化(※初期化の方法はパソコンによって異なるため、パソコンに添付されているマニュアル(説明書)で確認する)