岩手県久慈市で、山ぶどうの魅力を伝える「全国山ぶどうサミット」を開催

写真拡大

山ぶどう博覧会実行委員会は11月9日、岩手県久慈市で、有名ソムリエの田崎真也氏を招き「全国山ぶどうサミット」を開催する。

同イベントは、9月下旬から11月上旬まで開催中の「山ぶどう博覧会」の一環として行われるもの。

博覧会は、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県沿岸部の野田村と久慈市をメイン会場として、岩手県が国内生産第1位を誇る山ぶどう「輝房(きぼう)」の魅力を伝えるために開催されている。

11月9日開催の「全国山ぶどうサミット」は、県内の山ぶどう生産者はもちろん、全国から加工業者やレストランシェフなど関係者が集い、パネルディスカッションや全国の山ぶどうワイン・料理を供する交流会。

当日は有名ソムリエの田崎真也氏の講演会も行われる。

「日本における地産地消のあり方」と題した田崎真也氏の講演は、14時〜17時、会場は、岩手県久慈市文化会館アンバーホール(岩手県久慈市川崎町17-1)で、定員300名。

参加費は無料。

交流会は、17時30分〜19時、ロイヤルパークカワサキ(岩手県久慈市長内町27-27-1)にて。

参加費は4,000円で、定員は200名。

イベントの詳細は、公式ホームページまで。