好まれるのは「魚食系の女性」と「肉食系の男性」!? 魚食の実態調査

写真拡大

旭化成ホームプロダクツは9月27日・28日に、全国の20〜60代の男女を対象に「魚食についての意識と実態調査」を実施した。

有効回答数は1,550サンプル。

まず、好きなメーンのおかずについて尋ねたところ、全体の57.5%が「肉類」と回答した。

「魚類」と回答したのは26.5%、「野菜類」は14.9%だった。

年代別に比較してみたところ、肉類は年代が上がるほど減少しているのに対し、魚類は年齢とともに増加している。

次にどのおかずを好む異性が好きか質問したところ、1位は「肉類」(34.6%)だが、「魚類」も32.3%と高い割合を示している。

男女別に比較すると、男性1位は魚類、2位は野菜類、3位は肉類の順だったのに対し、女性1位は肉類、2位魚類、3位野菜類だった。

男性は魚食系の女性を、女性は肉食系の男性を好む傾向にあるようだ。

次に魚料理のジャンルのひとつ「煮魚」について調査。

「煮魚は好きですか?」と質問したところ、「好き」「どちらかといえば好き」の合計は70.8%。

さらに年代別に見ると、20代は75.5%が「好き」「どちらかといえば好き」と回答した。

若年層は魚離れが顕著と言われているが、煮魚は好まれていることが分かった。

煮魚を食べたくなる季節について尋ねると、「冬」は53.6%、「秋」が41.1%で、他の季節を大きく引き離した。

煮魚は寒い時期に好まれるようだ。

次に好きな煮魚について聞くと、「カレイ」が57.6%とトップ。

サバ(43.8%)、ブリ(37.8%)、キンメダイ(35.1%)も多く挙げられた。