職場でのセクハラ、女性3割、男性1割。「体を触られる」は40代が最も多い。

写真拡大

インターネットメディア事業を手掛けるセレスは26日、「職場でのセクシュアルハラスメント調査」の調査結果を発表した。

同調査は、同社が運営するアンケートサイト「モッピーラボ」にて9月4日〜6日に行われ、全国の男女16〜59歳から1,512サンプルを得た。

「職場でセクハラを受けたことはあるか」との問いには、全体の16.8%が「ある」と答えた。

男女別に見ると、「ある」と答えた女性は29.3%とほぼ3割にのぼった。

対して男性も、8.6%の人がセクハラ被害を経験していた。

次に「誰からセクハラを受けたか」を聞いたところ、もっとも多かったのは「上司」で78%。

特に女性は81.8%が上司と答え、男性の69.2%を上回った。

対して31.9%で2位となった「同僚」では、女性が27.8%だったのに対し、男性は41%と多かった。

「部下」からのセクハラも女性の1.7%に対し男性は5.1%と多く、男性のほうが同僚からセクハラ被害を受ける割合が高かった。

セクハラを受けたことがある人254名に「どんなセクハラを受けたか」を複数回答で聞いたところ、「体形や容姿を指摘された」が44.9%、「性的冗談や質問を受けた」が44.5%、「体を触られた」が41.3%となった。

年代別に比較すると、「体形や容姿を指摘された」は10代47.6%、20代50.0%、30代51.3%、40代32.7%、50代38.6%となり、10代から30代が多く該当していることが分かった。

また、「性的冗談や質問を受けた」に関しては20代と30代に多く、「体を触られた」については40代がもっとも多かった。

50代が他年代に比べて多く該当している項目は「プライベートを干渉された」だった。

「セクハラへの対処法と結果」を聞いたところ、もっとも多かったのは「我慢した」の63%で、とくに年代が若くなるほど多かった。

対して「直接やめてくださいと言った」は50代が29.5%と多かった。

「セクハラについて誰に相談したか」との問いには「友人・知人」がもっとも多く34.3%。

以下「同僚」(33.1%)、「誰にも相談していない」(26.8%)が続いた。

男女別に見ると、女性が「友人・知人」「同僚」に相談した人が多いのに対し、男性は33.3%が「誰にも相談していない」と答えた。

調査の詳細内容は「モッピーラボ 調査報告のページ」で閲覧できる。