京都府・和束町、「茶源郷まつり」の会場のみで使える通貨「茶源券」を発行

写真拡大

京都府相楽郡和束町は、11月3日〜4日に同町で開催する「茶源郷まつり」において、会場内でのみ流通する期間限定お祭り通貨「茶源券」を発行する。

「茶源券」は、茶源郷まつりの会場内で飲み流通する、2日間限定の専用通貨。

貨幣価値は1茶源=1円に設定され、券面は100茶源の「番茶源」、500茶源の「抹茶源」、1,000茶源の「煎茶源」が用意される。

サイズはドル紙幣とほぼ同サイズ。

券面にはお茶や和束の景色をあしらい、またすかしには和束町のゆるキャラ「茶茶ちゃん」が入っている。

会場では日本銀行券と茶源券を両替し、飲食やサービスを茶源券で購入する仕組み。

1,000円(1,000茶源)両替するごとにお茶の種が1個プレゼントされる。

茶源郷まつりの開催日時は、10月3日〜4日の10時(4日は9時)〜16時。

開催場所は京都府相楽郡和束町白栖猪ケ口の和束運動公園。

祭りの詳細は茶源郷まつり公式ページへ。