睡眠と肌に関する調査。美肌には6時間の睡眠が欠かせない?

写真拡大

オムロンヘルスケアは2012年6月から7月にかけて、体内時計を整えると肌の調子はどのように変化するか調査を実施。

調査は20代から40代の女性70人を対象に行った。

同調査は同社製品「ねむり時間計」を使用して実施した。

ねむり時間計とは、睡眠中の身体の動きを時間計のセンサーがとらえ、寝ついた時間を感知。

翌朝は快適に起きられるタイミングを計算してアラームを鳴らしてくれるというもの。

スマートフォンと連携すれば、睡眠のリズムや睡眠時間などの眠りデータをチェックすることができる。

調査対象者には、就寝、起床時間のバラつきが2時間以内になるように生活をしてもらった。

さらに推奨睡眠時間を6時間以上とし、4週間調査を実施した。

「お肌の乾燥」について尋ねたところ、調査前は「乾燥している」と「やや乾燥している」の合計が74%だった。

しかし調査後は、「乾燥している」と「やや乾燥している」と回答した人の合計は35%に減少。

その分、「やや潤っている」と回答した割合が、6%から25%にアップした。

「肌荒れ」に関して、調査前の回答では「やや荒れている」が52%と最多の回答だったが、調査後は「あまり気にならない」が最多の回答に。

「クマ」に関しては、調査前は「目立つ」と「やや目立つ」の合計が55%だったが、調査後は25%まで減り、「あまり目立たない」という回答が調査前の18%から42%に増加した。

「全体的なお肌の満足度」について尋ねると、調査前は「やや不満足」と「不満足」が、77%を占めていたのに対し、調査後は26%まで減少した。

反対に「やや満足」は30%と、調査前の10倍までアップ。

調査後は「肌のコンディションも良くなり、体調も良くなった」といった、手ごたえを感じている様子がうかがえるコメントが寄せられた。

調査の詳細はオムロンの「ねむりラボ」でも案内している。