28日、話題の3D時代アクション映画「血滴子」のテーマソングで、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウと、中国の女性シンガーのクリス・リーがタッグを組む。

写真拡大

2012年10月28日、話題の3D時代アクション映画「血滴子」のテーマソングで、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウ(周杰倫)と、中国の女性シンガーのクリス・リー(李宇春)がタッグを組む。新浪網が伝えた。

【その他の写真】

「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ(劉偉強)監督がメガホンを執り、「捜査官X(11年)」のピーター・チャン(陳可辛)監督がプロデュースする話題作「血滴子」。清朝を舞台に、影の暗殺団の活躍を描く3D時代劇だ。キャストも豪華で、中国からホアン・シャオミン(黄暁明)、プー・バージャ(蒲巴甲)、ジン・ボーラン(井柏然)、台湾からイーサン・ルアン(阮經天)、香港からショーン・ユー(余文楽)と、若手のイケメンばかりをずらりとそろえている。

今年12月20日から公開。これまでずっと極秘とされてきた主題歌の詳細が明らかになった。映画にも出演している中国の女性歌手で、中世的な魅力がカリスマ的人気を誇るクリス・リーが抜擢され、人気アーティストのジェイ・チョウが作曲を、彼の右腕であるヴィンセント・ファン(方文山)が作詞を担当する。タイトルは「刀鋒偏冷」。3人がヒット間違いなしの強力タッグを見せることになった。

完成したフィルムの最初の観客になったのがジェイ・チョウ。ラウ監督の招きで作品を鑑賞し、そこからイメージを膨らませてわずか数日で曲を完成させた。なお、来月10日に湖北省武漢市で行われるクリスのソロライブで、初披露される予定だ。(翻訳・編集/Mathilda)