1億人突破セレモニーの様子(USJ提供)

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ、大阪市)は2012年10月29日、2001年の開園以来の累計総入場者数が累計1億人を突破したと発表した。

年間来場者も1000万人超え見込む

USJでは2012年に入り来場者数・収益ともに好調を維持しており、年間来場者数も1000万人を超える見通しだ。

広報担当者によれば、3月オープンの新エリア「ユニバーサル・ワンダーランド」がファミリー層を呼び込んだのが、好調の一因だという。2012年4〜9月のファミリー層の来場者数は、前年比28%の増だった。

2014年後半には人気小説「ハリー・ポッター」をテーマにした新パークも開業予定で、担当者は「これからも、日本人が誇らしいと思えるようなテーマパーク作りに努めたい」と話した。