成功者は皆「その気」になり、それを持続させている!ふつうのビジネスパーソンが「その気」になるにはどうしたらよいのでしょうか。
1970年代から大脳生理学を利用した科学的なメンタルトレーニングの研究を始め、現在ではビジネス、スポーツ、教育など多くの分野に門下生を持つ西田文郎氏。今回は新刊の「その気の法則―ツキを引き寄せる最強の方法」より内容を一部編集、抜粋し、どうすれば、相手や自分を「その気」にさせて成功なって成功できるのか、その秘訣をご紹介します。

その気になれないのは
成功体験が少なかった!?

 前回、人は「思考よりも感情が強い」というお話をしました。つまり感情脳をコントロールすれば、常に自分が「その気」になれるということです。

 また思考がマイナスでも、感情がプラスになれば引きずられて思考もプラスになります。無理にプラス思考にしようとしなくても、いかに感情をプラスにコントロールするか。これができれば、すぐに「その気」になれるのです。

 しかし実際に「その気」をコントロールするのは難しいものです。せっかく目標を立てたのに「その気」が続かずに三日坊主になってしまった、以前は大きな夢があったのに、毎日の目の前のことに追われて、自然とその夢が小さく消えかかっていた…きっと思い当たる人もいるのではないでしょうか。

 はっきり言いましょう。

 あなたが「その気」になれないのは成功体験が少ないからです。

 そして「自分はツイていない」、「どうせ自分には無理だ」といった失敗体験に基づいたネガティブな思考に支配されているからです。

 たとえば残業続きで頑張っているのに、会社での数字や成績がいまいちだと、ついつい愚痴のひとつも言いたくなります。

 「どうして自分は、ツイていないのだろう」

 「あの人の下で働くのはホントにきついよ」

 「アイツはいいよな。もともと有利な条件だったし…」

 言い訳、嫉妬、責任転嫁、イヤイヤ行動するなど、それでは「その気」は生まれてきません。

 自分でツイていない、と言えば言うほど、ツキ逃げていきます。自分でマイナスの言葉を言うことは、脳に「自分はツイていない」と思い込ませ、もっとツイてない脳へ強化していることになるわけだからです。

優秀すぎる脳は「失敗」を恐れてしまい
「その気」になりづらい

 脳はとても優秀で、過去の体験データから「こんなこと無理だ」とか「できるわけない」といった結論も瞬時に出してしまいます。つまり、やり遂げた、という体験が少ないと「やっぱり無理かも…」と「その気」になりづらいのです。

 ですから、過去に成功体験が多くある人ほど自信が持てますし、失敗体験が多いとどうしても弱気になります。

 これはモテる男性とモテない男性の違いに当てはめるとわかりやすいかもしれません。女性と上手く付き合うことができると、自信がつきます。この繰り返しでモテる人はどんどんモテていき、すぐに振られてしまう人は、何度もそれを繰り返したり、最初から「ダメだ」とあきらめてしまうようになってしまうのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)