TROVE 上出大輔がデザイナー退任 デザインチームが引き継ぐ

写真拡大

 上出大輔がメンズブランド「TROVE(トローヴ)」のデザイナーを辞任する。2013年春夏コレクションを最後にブランドを去り、新たな道を目指すことを発表。2013-14年秋冬シーズン以降は、上出大輔と共に活動してきたデザインチームが「TROVE」を引き継ぐ。

TROVE 上出大輔がデザイナー退任の画像を拡大

 2004年に「TROVE」を立ち上げた上出大輔は、これまで8年間にわたってブランドの指揮をとってきた。「TROVE」を去るきっかけとして上出は「会社としてのTROVEが成長していくにつれて、自らとしての挑戦は?という問いにぶつかりました」と説明している。これまでの支えに感謝の意を表すと共に、「辞任を決意するにあたり背中を押されたのが、敬愛する方の言葉で"私は経営者でありデザイナーだから、通常経営者がGOサインを出さない様な局面でも、様々な挑戦をすることができた。"という一文です。当たり前のようなことですが、高校生だった僕が洋服を志すきっかけになった、この方の一文に、30代半ばになって、またもきっかけを頂いた様に感じます。葛藤していた僕は未だ成し得ていなかった事にはっとし、構想を描きはじめました」と発表。構想の内容は明らかにしていないが新たな挑戦への意思を示し、「皆様にまたお会いできる日を楽しみにしております」とコメントしている。

 上出大輔が手がけるラストシーズンとなった「TROVE」2013年春夏コレクションのテーマは「Singin' in the Rain」。初夏の突然の雨の中、輝く雫を浴びながら陽気に楽しむ男性像をイメージしたという。2013-14年秋冬シーズン以降について「TROVE」は、パターンや生産背景などこれまでと変わらない体制のままデザイン・企画の人員を増やし、チームとして「TROVEの世界観をより濃厚に提供していければ」と発表している。


■TROVE 2013年春夏コレクション
 http://www.fashionsnap.com/collection/trove/2013ss/

■TROVE:http://trove.co.jp/