きゃりー・ILMARI・綾小路翔のアディダス新作スニーカー ハロウィンコスプレで発表

写真拡大

 アディダス ジャパンが10月28日、「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」のイメージキャラクターを務めるきゃりーぱみゅぱみゅとILMARI、綾小路翔の3名がデザインした定番スニーカー「SS(スーパースター)」の新作発表会を代官山のカフェUNICE(ユナイス)で開催した。3名は今回のために、一夜限りのユニット「SUPERSTARS(スーパースターズ)」を結成。「ムンクの叫び」の表情をした"お友達"を7人連れて登場したきゃりーぱみゅぱみゅは「血がどろり」をイメージしたというデザインのポイントを語るなど、それぞれが自分らしさを表現した個性溢れる「SS」を初披露した。

きゃりーがアディダス新作スニーカー披露の画像を拡大

 アディダス ジャパンはきゃりーぱみゅぱみゅが原宿、ILMARIが渋谷、綾小路翔が高円寺と、3名がゆかりのある店や馴染みのあるストリートを歩き、思い出を語りながら"自分らしさ"のルーツを辿るWEB限定のプロモーションムービーを製作。新作発表会「adidas Originals meets TAKENOKO!!! "HALLOWEEN PARTY"」には3名がユニット「SUPERSTARS」として出席し、「らしさを楽しむ」というブランドメッセージのもと、「adidas Originals」と共同開発した2013年春夏モデルのスニーカー「SS」を公開した。ILMARIは「自分が普段履くんだったらこんな感じにしたい」という思いから「トライバルっぽい」デザインを取り入れ、綾小路翔は「木更津生まれヒップホップ育ちの僕はほぼ天然記念物みたいな存在なので、田舎者ならでは表現した『モテたい』がテーマのスニーカーに仕上がりました」とデザインのポイントについてコメント。男女兼用を意識したというきゃりーぱみゅぱみゅは、「もともと血がどろりとなっているモチーフが好きなので、履くと足から流血しているんじゃない?というデザインにしました。みなさん『SS』を履いて自分らしさを楽しんでください」と締めくくった。3名の新作『SS』は来年3月の発売を予定している。

 今回のために特別にコーディネートされたハロウィン仕様の衣装について、「ハロウィンだから血だらけにしたいと思った」と話すきゃりーぱみゅぱみゅは、ブランドのテーマカラー青を基調に頭を覆うようにデザインされた"お友達"とともに登場。「7人のお友達はみなさんアディダスの帽子をかぶっています。お友達はみんな大きいので、耳が痛いです」と紹介した。タキシード姿のILMARIは「マントの内側や背中にアディダスの三本線が入っています。牙も青いんですが喋れなくなるので今ははずしています」と話し、自慢のモヒカンから制服、サングラスまでアディダスのロゴマークを取り入れた綾小路翔は「特注のサングラスは視界が悪い。聞こえない、喋れない、見えないの3人組『SUPERSTARS』です」と続けて会場に笑いを誘った。