あいおいニッセイ同和損保社長
鈴木久仁
1950年、神奈川県生まれ。栄光学園中・高を経て、早稲田大学商学部へ。73年に卒業し、大東京火災海上保険(現あいおいニッセイ同和損保)へ入社。98年総合企画部長、2000年執行役員。04年専務を経て、10年4月社長に就任。同年6月から日本損害保険協会会長。

写真拡大

社内のポジションが上がるにつれ、リーダーとしての自覚が芽生えるものだ。ある時期から、折に触れリーダー論の書物に親しむようになった。そのなかで、ふと思いついて、ほぼ40年ぶりに手に取ってみたのが『鬼平犯科帳』だ。

1968年に雑誌連載が始まり、翌年から八代目・松本幸四郎主演によるテレビドラマがスタートした。大学生だった私は、ドラマにも影響されて単行本を手に取った。

この作品で際立つのは、「鬼の平蔵(鬼平)」こと長谷川平蔵が身をもって示すリーダーシップの素晴らしさだ。学生のときは十分に読み取ることができなかったものの、いまになるとそのことがよくわかる。社長就任を前にした2009年秋、文庫版全24巻をそろえて猛烈な勢いで読み進めた。

主人公・長谷川平蔵は江戸中期に実在した400石取りの旗本だ。天明七(1787)年から8年間ほど「火付盗賊改方」の長官職につく。火付盗賊改方とは、盗賊などの凶悪犯と放火犯を専門に取り締まる特別警察のようなもの。長官の平蔵は、江戸城清水門外の役宅に住まい、配下の与力、同心や盗賊あがりの密偵を使って、悪と対峙していく。

この時代、天下泰平が続いたために、官僚化が進んで規則だらけの世の中になっていた。戦をしない武士たちの社会とは、現代のサラリーマン社会そのものだ。似たような環境にあるなかで、われわれも鬼平や火付盗賊改方から学ぶことがあるのではないか。

たとえば平蔵のリーダーシップで顕著なのは、現場重視という点だ。将軍直参の旗本が自ら「市中微行」と称して日夜パトロールに出かけ、犯罪の現場へも恐れずに飛び込んでいく。剣の達人であるという裏づけはあるものの、平蔵は宮本武蔵のような超人ではなく、現に悪人に切られる場面もある。現場を重視し、率先垂範の勇気を示すことが平蔵の人望を高めている。本人が命がけなので、部下も仕事に命を捧げるのだ。

権威や規則を振りかざすのではなく、情を踏まえて裁断することも平蔵のリーダーシップの特色だ。妾腹の平蔵はもともと長谷川家の跡取りではなく、若いころは放蕩無頼の生活を送っていた。そのため下情にも通じている。作中で「悪を知らぬものが悪を取りしまれるか」と啖呵を切るが、硬直したルールにしばられるのではなく、むしろ清濁併せ呑む人間観を持っている。理想論だけに偏らない等身大の人間くささも鬼平の魅力だ。

実は30〜40代のころは『坂の上の雲』など司馬遼太郎の歴史小説を愛読した。いわゆる司馬史観に心酔したものだが、いまになると「待てよ」と思う。たとえば乃木希典は司馬が描くほど無能だったのか。のちに乃木神社に祀られ庶民から尊崇を集めたが、その事実は重く見なければいけないだろう。その点で、必ず物事の表裏を見る鬼平――つまり池波正太郎の価値観は、より実社会に即していると思うのだ。

さて、鬼平には及ぶべくもないが、私自身もできるかぎり営業拠点などの現場に出たいと考えている。お客様との接点である現場にはすべてがあると思うからだ。社長就任以来、全国をまわって4000人ほどの社員と会話した。というより、ビールを注いで握手をしたのである。このときに、社員が笑顔で元気に応えてくれることが一番うれしい。

もっとも、江戸幕府を会社にたとえると、火付盗賊改方長官は社長ではなく部課長クラスだ。鬼平のような部課長を育てたい、というのが私の本音なのである。

■鈴木久仁氏厳選!部課長が読むべき本

『徹底のリーダーシップ』ラム・チャラン著、プレジデント社

リーダーに絶対必要な資質として、著者は「誠実であり、信頼できる存在であること」「社員、部下を鼓舞し、勇気づける存在であること」「現実と『生の情報』でつながっていること」「楽観的な現実主義者であること」「細部にまで徹底的に踏み込んでいくこと」「未来に打って出る勇気があること」の6点を挙げている。リーダーシップ論は世にいくらでもある中で、「徹底する」という著者の主張に共感した。リーダーとはどうあるべきか、若い社員にも勧めたい。

※すべて雑誌掲載当時

(面澤淳市=構成 鈴木直人=撮影)