「シンプル機能」タイプ(写真)は、大きなボタンが特長のワンボタンリモコンで簡単操作

写真拡大

東芝ライテックは「LEDシーリングライト」シリーズに、LED照明ならではの新しい演出方法を採用した「キラキラ」タイプ(2機種)と、さまざまな使用シーンにマッチするデザインラインアップ(7機種)、簡単な操作で使いやすいシンプル機能タイプ(2機種)をラインナップ、2012年11月1日に発売する。

「キラキラ」光も初登場

さらにこれらの新商品を含め、すでに発売されているLEDシーリングライトの一部の全165機種について、11月1日以降に購入した商品を対象に、新たに5年間の長期保証を付ける。

バラエティ豊かなラインアップと「5年保証」で、LED照明の普及を推進する。

11機種の新商品は、セードを透過するLEDの光のうち、ドット加工部から通り抜ける光がキラキラとした輝きを放つ、「キラキラ」タイプ(1デザイン2機種)を用意したほか、ダークブラウン色の木枠を施した洋風デザインと、マンションリビングの続き間の和室などに使いやすい和風タイプのデザイン、3デザイン7機種をラインアップ。全機種ともに高効率で調光・調色可能で、節電見える化リモコンを搭載した。

シンプル機能のLEDシーリングライトは、大きなボタンが特長のワンボタンリモコンで、点灯切り換えが可能。また、LED素子や電源回路、本体設計の見直しによって、8畳までの室内で41ワットという低消費電力を実現。明るさも確保しながら、固有エネルギー消費効率を1ワットあたり92.7ルーメン(lm/W)と高い効率を達成した。

簡単な操作で節電を実現できるので、子供部屋などにおススメだ。

いずれも、オープン価格。