ニオイが気になるスペースに独自の高性能脱臭技術で対応(写真は、「DAS‐15B‐W」)

富士通ゼネラルは、独自の高性能脱臭技術を搭載した脱臭機「PLAZION(R)」(プラズィオン)に、新たに寝室や子ども部屋などのプライベート空間向けのコンパクトタイプ(〜10畳)を、2012年11月1日に発売する。

コンパクトタイプは、独自の「トリプル脱臭」技術を搭載するとともに、送風機や脱臭フィルター再生機能の小型化、高性能化を図ったことで、コンパクトボディでありながらタバコの残り香を約6分(広さ8畳あたり)、室内で飼育の際に取れにくいペットのニオイを約10分(同)で素早く脱臭することができる。

また寝室や子ども部屋以外でも、キッチンやトイレなどの小スペースでも設置ができ、生活シーンにあわせた使用を可能にした。

さらに独自のヒーターユニットにより、脱臭フィルターを約22.5時間ごとに加熱して脱臭性能を自動的に再生させる「脱臭フィルターオートクリーン」機能を搭載している。

色はホワイトとピンク。オープン価格。