iPhone5内蔵の地図がひどすぎてレイチェルを救出できないバットマンのパロディ動画が笑えてしょうがない!!

写真拡大

先日、発売されたiPhone5。待望の新モデルですが、搭載されている地図機能については精度が低いとの声が上がっています。それは日本だけでなく海外でも同じ。今回は、そんな地図アプリへの不満を逆手に取ったバットマンのパロディ動画をご紹介します!

バットマンといえば、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン・ビギンズ』から始まる映画3部作を思い浮かべる人も多いでしょう。中でも2作目の『ダークナイト』は秀逸! ヒース・レジャーが演じたジョーカーのピエロ姿、あまりに怖すぎて鳥肌モノでした。

動画はそんな『ダークナイト』からのパロディ。ゴッサム・シティを守るバットマン。ジョーカーを追い詰め、ガールフレンドのレイチェルの居場所を聞き出します。これ、映画でもありましたよね。彼女を無事救出できるかどうかは大きな見どころ。手に汗握る展開でした!

バットマン、自身のバイク「バットポッド」に乗り込み救出に向かうのですが、イマイチ道がわからない様子。行き方はiPhone頼み。うわー、何だか嫌〜な予感がする……。

地図のナビゲートにしたがってバイクを飛ばしていくバットマン。しかし、「左に曲がれ」という音声に従うと、ドカーーーン!! いきなり車の群れに激突! 「お前、嘘つきやがったな!」とiPhoneに毒づく悲しきヒーロー。

再び音声の通りにバイクで疾走。今度こそレイチェルのもとにたどり着けるか!? モール(?)の中に突入しちゃったけど大丈夫でしょうか? 音声はそのまま飛ばせと言うておりますが……。

「レイチェーーーーーール!!」と叫びながらそのまま全力でバイクを飛ばすバットマン。「目的地到着です」の音声に従い、バイクを停めます。おお、よかった! 無事たどり着いた!! 最愛のガールフレンドの名を呼びながら建物の中に駆け込みます。ゼイゼイ息が切れているけど大丈夫か(もともとゼイゼイした声なんだけど)。

やっとの思いでドアを開けると、そこには一人のホームレスらしき男性が……!! これ、レイチェルやない! 愕然とするバットマンの後ろで、少し先にある建物がドガーーーンと爆発! レイチェルがいるのはそっちの建物だったかぁーーーー!!

というわけで、iPhone5の地図の性能が悪すぎてぜんぜんゴッサム・シティを守り切れないバットマンでしたとさ、ちゃんちゃん……ってひどすぎるよ!!

この動画、音楽がiPhoneのCMで流れているような曲でまた笑いを誘います。この他、YOU TUBEには「ハンガー・ゲーム」や「シャイニング」のパロディ版もありますので、興味がある人はぜひご覧になってみてくださいね。皆さんも、最愛の人を救出に行く際には不確かな地図アプリに頼り切らないようご注意あれ!

(文=鷺ノ宮やよい)

参照:You Tube(http://goo.gl/DyWSe)


この記事の動画を見る