彼女の手料理でヒドイ目に遭った話



彼女の手料理を食べるというのは、彼氏にとっても一大イベントです。「美味しいといいなあ」と思いながら一口。それが「?」だったら困ります。フォローするのも大変。マイナビニュース会員の男性に「彼女の手料理でヒドイ目に遭った経験」を聞いてみました。



調査期間:2012/6/27〜2012/6/30

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■組み合わせの妙!?

有り得ない組み合わせの料理。例えば、ココア味の卵焼きとか。(滋賀県/男性/33歳)



やってみたかったんでしょうねえ(笑)。スイーツ感覚なんでしょうか。



■中華なのかイタリアンなのか!?

ミートソースにトウバンジャンをたっぷり入れられたこと。見た目ではわからず食べて驚愕した。(埼玉県/男性/23歳)



味が舌から脳に伝わった瞬間に驚愕。美味しかったのでしょうか?



■出汁は基本です

みそ汁に出汁(だし)が入っていないことがあってまずかったです。(新潟県/男性/28歳)



出汁が入っていないおみそ汁ってびっくりするくらい美味しくないんですよ。みなさんも一度お試しあれ(笑)。



■それは洗剤の力!

鍋を洗った後にすすがずに料理をしたのでみそ汁が泡立った。(岩手県/男性/45歳)



これはちょっと食べられませんね。鍋を洗剤で洗ったらよく水で流しましょう。



■辛い物好きな彼女

辛い物が好きな人で、トウガラシや七味で真っ赤な料理を出された。半分も食べられなかった。(三重県/男性/25歳)



限界まで辛味を付ける女性もいるそうで。筆者の知人にも1人います。彼氏は痔の恐怖におびえております。



■すべてがチーズ味に

お弁当にカマンベールチーズが入っていたが、微妙に溶け出していていろんなものと混ざり合った結果、全部がチーズ臭くなってとても食べられる代物ではなかった。(福岡県/男性/37歳)



お弁当にカマンベールチーズ! これは新しい(笑)。いや笑いごとじゃないか。



■そこは「焼き」でお願いします

おにぎりを作ってくれたが、生のタラコを使っていた。頑張って食べようとしたが無理だった。(東京都/男性/40歳)



最近はおにぎり用の焼いたタラコがちゃんと売ってますから、ぜひそっちを使ってください。



■実は腐っていたのです

玉ねぎを塩でいためただけの料理を作り、食べたくないなあと思いながら口に運ぶと玉ねぎが腐っていた。(大阪府/男性/39歳)



これはヒドイ。食べなくて良かったですよ。



■ある意味自慢の

自慢の手料理を詰めたお弁当を食べたら、出先で腹を壊した時。(福島県/男性/27歳)



まあ怒るにも怒れないですよね。せっかく頑張って作ってくれてますからね。



■小麦粉!?

タマゴ焼きの中にパサパサなものが入っていた。よく見ると小麦粉だった。(広島県/男性/50歳)



どういう工夫なのでしょうか。小1時間聞いてみたいですね(笑)。



■湯豆腐なのに

湯豆腐を造りますと言って似ても似つかぬものが出てきた。確かに暖かい豆腐は使ってあった。(宮崎県/男性/63歳)



湯豆腐って、出汁用の昆布を引いてお湯を張った鍋に、豆腐を入れるだけですよね? どんな物が出てきたんでしょうか?



■危ない!

食べられないキノコをだまされて食べさせられた時。一口かんだら嫌な味が口に広がって吐きそうになった。(埼玉県/男性/26歳)



キノコは危ないですよ! 食用に適さないキノコを食べて死ぬ人だっているんですから。



■チョコ!?

チョコに覆われたベビースターラーメンが微妙だった。(東京都/男性/26歳)



これも創作料理なのでしょうか。それとも新作スイーツでしょうか。



■素材を活かせ!

素材のおいしさを全部壊したようなごった煮を出された、味付けは白ミリンとしょうゆ。(宮崎県/男性/58歳)



素材の良さを引き出すのが料理の基本だとすれば、これは一体……!?



■浮気がばれたので……

浮気したのがバレて虫入れられたこと。ゴキブリは触れなかったはずなのでハエか蚊だと思う。(埼玉県/男性/36歳)



えーっと(笑)、若干自業自得的な感じもある話です。テレビ番組でゴキブリを食べて死んだ芸人さんが昔いたそうで。浮気した時は気をつけてください。



女性も心を込めて彼氏のためにと作ってくれるのですが、それでも残念な結果に終わることがあります。あなたは彼女の残念な手料理を味わったことありますか?





(高橋モータース@dcp)