プロレスの技の名前や由来がおもしろい



プロレスラーが使用する技の中には、『フィニッシュ・ホールド』という、いわゆる必殺技のようなものが存在します。ジャイアント馬場選手の『十六文キック』やアントニオ猪木選手の『卍固め』がこれにあたりますね。



今回は、そのフィニッシュ・ホールドについて、独特な名前がついているものや、名前の由来がおかしい必殺技の数々を紹介します。





●モナリザ・オーバードライブ

DRAGON GATE所属のCIMA(シーマ)選手の飛び技の名前です。ロックバンドBUCK-TICKのアルバム名が由来。他にも『アイコノクラズム』といった同バンドのアルバム名が由来となっている技も持っています。



●ビーナス

同じくDRAGON GATE所属のCIMA(シーマ)選手のジャンピングアッパー掌底の名前。人魚をイメージして編み出された技らしいのですが、勘違いでマーメイドではなくビーナスになったそう。



●健太ッキーボム

プロレスリング・ノアに所属する人気プロレスラーである小橋建太選手の技の名前。雑誌の記者が勝手に命名したため、小橋選手が激怒したという伝説の技名です。現在ではオレンジクラッシュという名前の方が有名。



●宇宙人プランチャ

KAIENTAI-DOJO所属のプロレスラー・TAKAみちのく選手の飛び技の名前。プランチャというのは、トップロープに飛び乗って、場外の相手に向かって飛び込んでいく技。長州力選手がこの技を見たときに「あいつは宇宙人か!?」と言ったのが技の由来です。



ほかにも宇宙人ケブラーダなる技もある。



●やるってボム

人気プロレスラーのひとり、越中詩郎選手が使う必殺技のひとつ。越中選手の「〜って!」という口癖にちなみ、東京スポーツ新聞が勝手に命名した。



●S・T・O

人気プロレスラーの小川直也選手が開発した必殺技。S・T・Oは『スペース・トルネード・オガワ』の略。師匠であるアントニオ猪木選手が命名したそうで、由来については「これからは宇宙だぞ」という説明だけだったため現在でも謎のまま。



●秩父セメント

プロレスリング・ノア所属の田上明選手の必殺技。田上選手の出身地が埼玉県秩父市であることから三沢光晴選手が名づけた。ちなみにこの名前は仮のもので、しばらくしてちゃんとした技名がつけられることになるのだが……



●オレが田上

はい、それがこちらです。秩父セメントから『コンクリ固め』という名前を経て、このインパクト絶大の名前に落ち着きました。由来はもちろん田上選手だからです。ちなみに命名する際に「新しい技名は『オレが田上』だ!」と言ったことから、技名を『オレが田上だ』だと勘違いする人が続出。



某ゲームソフトにもオレが田上だで登録されてしまうという悲劇が起きた。



数多くの個性的な選手が活躍するプロレスの世界には、これら以外にもユニークな技名が多数あります。もちろん、変わった名前だけでなく、『エメラルド・フロウジョン』や『シャイニング・ウィザード』といった男心がくすぐられるようなとんでもなくカッコイイ名前のものもありますよ! こういった必殺技からプロレスの世界に入っていくのもいいですね。



(貫井康徳@dcp)